注目のスタートアップ

マウスピース型歯科矯正サービス「DPEARL」を展開する「フィルダクト」が1.5億円調達

company

2022年6月23日、株式会社フィルダクトは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

フィルダクトは、透明マウスピース型の歯科矯正サービス「DPEARL(ディパール)」を運営しています。

マウスピースの作成には、3DプリンターやCADなどのデジタル機器や遠隔アプリを活用し効率的なワークフローを構築することで、コスト削減、通院回数の低減、治療期間の短縮を実現しています。

今回の資金は、プロダクトUXとオペレーションの強化や、人材採用に充当します。

歯科矯正といえば、金属のワイヤーを歯に装着する方法を思い浮かべる方が多いかもしれません。

一方で、アメリカではすでに透明なマウスピースを利用した歯科矯正が一般的な方法となってきています。

マウスピース矯正は新しい矯正方法で、1999年頃にアメリカで誕生し、日本には2005年に上陸しました。

近年、テクノロジーを活用してマウスピースを作成するサービスが登場し、手軽さと低価格化によって一気に普及しています。

透明なマウスピースによる歯科矯正は、マウスピースを装着していても目立たないこと、食事時には外せるため衛生的であること、痛みが比較的少ないこと、虫歯になりにくいことといったメリットがあります。

日本において歯科矯正は審美的なものだというイメージが強いのですが、口腔環境は全身の健康に影響するものです。本来歯列矯正が必要な人も歯列矯正を受けていないこともあります。

マウスピース矯正が普及することで、これまで歯列矯正を受けられなかった/受けてこなかった人たちにも新たな選択肢が示されることになるでしょう。

新たなプロダクトの開発には資金が必要となります。。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法などを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ :歯科矯正 DPEARL ディパール フィルダクト マウスピース マウスピース矯正 医療 歯列矯正 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブスク請求管理SaaS「KIMERA」やスケジュール管理SaaS「Aipo」など提供の「TOWN」が3.1億円調達
2022年1月13日、TOWN株式会社は、3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社です。 TOWNは、サブスク請求管理SaaS「…
クラウドファンディング・サイト運営の「CAMPFIRE」が資金調達 ECプラットフォーム運営の「BASE」と資本業務提携
株式会社CAMPFIREは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先であるBASE株式会社とは資本業務提携契約も締結しました。 CAMPFIREは、国内最大のクラウドファンディング・プラッ…
パーソナルドクターによる予防医療・生活改善プログラム「Wellness」展開の「ウェルネス」が6,500万円調達
2022年5月10日、株式会社ウェルネスは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 予防医学知見・ビヘイビアヘルス(公衆衛生学)についても熟知したパーソナルドクターにより、予防・…
衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」開発の「ワープスペース」が4億円調達
2021年4月19日、株式会社ワープスペースは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小型光中継衛星による衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」を開発し…
AI導入コンサルテーション事業など展開の「調和技研」が3億円調達
2020年5月19日、株式会社調和技研は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI導入コンサルテーションを中心に、AI研究開発・実装・運用、AIエンジンの提供、AI技術者の人材育成を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ