【4/5締切】第23回「女性起業家大賞」

subsidy

第23回「女性起業家大賞」のご案内です。

女性ならではの視点で革新的・創造的な創業や経営を行い、事業を成功させている女性企業家を顕彰することを目的とした賞です。

応募は全国の商工会議所女性会を通じて受け付けています。

対象

創業期(創業から10年未満)の女性経営者で、日々、経営革新・創意工夫に果敢に取り組み、他の女性経営者の範となる企業経営・事業展開・事業発展等に実績を挙げている者。

選考基準

スタートアップ部門(創業から5年未満)

・創業の動機・着眼点・意欲
・ビジネスモデルの独創性・具現性
・事業展開に向けた取り組み(創意工夫・努力)
・事業の定着性・今後の事業展開の見通し など

グロース部門(創業から年以上10年未満)

・経営理念・事業の自己評価
・ビジネスモデルの独自性・比較優位性
・事業の安定・拡大に向けた取り組み(創意工夫・努力)
・事業の伸張性と収益性・新たな事業展開の見通し など

表彰の種類

内容 スタートアップ部門 グロース部門
最優秀賞 日本商工会議所会頭賞(表彰状・副賞20万円) 1名
優秀賞 全国商工会議所女性会連合会会長賞(表彰状・副賞10万円) 1名 1名
奨励賞 全国商工会議所女性会連合会企画調査委員長賞(表彰状・副賞5万円) 2名 2名
特別賞 全国商工会議所女性会連合会企画調査委員長特別賞(表彰状) 若干名

応募締切

「各地商工会議所・女性会など推薦団体の受付期間」
2024年1月15日(月)2024年~3月29日(金)

「推薦団体などから全商女性連事務局への送付受付期間」
2024年1月15日(月)~2024年4月5日(金)


起業は、経済のダイナミズムを活性化させ、経済成長を牽引し、雇用を生み出し、社会に多様性をもたらすなど、多岐にわたる重要な要素を担っています。

しかしながら、国内の起業率は欧米などと比べて低水準であり、起業率の向上が望まれています。

こうした中、2022年度の新規開業実態調査によれば、女性起業者の割合が過去最高を記録していることが明らかになっています。

女性起業家の増加は、起業率の向上だけでなく、社会の多様性確保や、女性視点からの社会課題解決やイノベーションの推進など、複数の側面で重要であるとされています。

女性起業家の増加の背景には、女性の社会進出や、新しい働き方の促進、キャリア形成志向の高まりなどがあります。

一方で、日本は他国に比べてジェンダーギャップが大きく、「政治」「経済」分野においてとくに低い位置にあります。

たとえば、経済分野において、女性の労働力人口が総数に占める割合は44.9%(2022年)と約半数を占めているのに対し、非正規雇用で働く女性は男性の約2倍となっています。さらに管理職における女性の比率は依然として低い状況が続いています。

起業においては前職の経験を活かしたものが多い、つまり独立が多い傾向にあるのですが、女性起業家は自身のキャリアなどを活かすということが難し状況に置かれています。さらには、女性起業家の絶対数が少ないという状況であるため、周囲に頼れる人が少ない、公的機関においてもノウハウが少ないという課題もあります。

したがって、女性起業家の増加と活躍を促進するには、女性に特化した支援や専門のセミナーなどの充実が求められています。

ビジネス賞は、起業家を称え、その存在を広く知らせる役割を果たします。これは起業家のモチベーションに繋がるだけでなく、投資家などとの出会いにもつながる可能性があります。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

また、女性起業家に特化した「創業手帳woman」もあります。女性起業家の方々のインタビューや、女性起業家だからこそ使える助成金など、役立つノウハウを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 全国商工会議所女性会連合会 女性 女性起業家 女性起業家大賞 日本商工会議所 第23回 起業家
詳細はこちら

【締切4/5】第23回女性起業家大賞~「感動・変革への挑戦」をキーワードに女性起業家を表彰~

創業手帳woman
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【5/13開催】創業・成長期スタートアップ/起業家の祭典「ROCKET PITCH NIGHT SPRING 2024」 登壇者募集中
一般社団法人ベンチャー・カフェ東京(Venture Café Tokyo)は、CIC Tokyo、森ビル株式会社と共催で「ROCKET PITCH NIGHT SPRING 2024」を2024年5月…
ASEANで女性起業家支援のため新基金創設が表明
平成27年11月21日、マレーシア訪問中の安倍晋三首相は、講演にて、東南アジア諸国連合(ASEAN)で女性起業家を支援するための新たな基金創設を表明しました。 国際協力銀行(JBIC)などが出資し、小…
【2/5開催】「第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル」
東京都中小企業振興公社が主催する「第3回 東京シニアビジネスグランプリ・ファイナル」が2023年2月5日に開催されます。 「東京シニアビジネスグランプリ」は、シニア世代の起業機運を高めるために2019…
埼玉「女性創業スタートアップ塾in熊谷」
平成27年11月20日、埼玉県産業振興公社は「女性創業スタートアップ塾in熊谷」の開催を発表しました。 創業を考える女性や、創業して間もない女性を対象とした、実践スキルを身につけるためのセミナーです。…
7/8開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」 出場企業募集中 4/22〆切
2022年3月22日、IVS株式会社は、2022年7月8日に開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」の出場企業の募集を発表しました。 出場企業の応募の締め切りは、20…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】