注目のスタートアップ

スマートロッカーを展開する「SPACER」が6.15億円調達

company

2024年1月31日、株式会社SPACERは、総額6億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SPACERは、スマートロッカー「SPACER(スペースアール)」を開発・提供しています。

スマートフォンアプリからロッカーの空き状況、利用予約、キャッシュレス決済、鍵共有を可能とした多目的に活用できるスマホ完結型のコインロッカーです。

これまでのコインロッカーの不便を解消するだけでなく、鍵共有を実現することで、荷物の一時預け以外にも、荷物の受け取りや商品の発送などでも活用することができます。

また、EC需要増加などによる配送費高騰や配送ドライバー不足解決のため、鉄道事業者と協業し「SPACER」をBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)対応マルチコンテンツオープンロッカーとして活用しています。

2023年12月末時点で、全国約200か所に約550台を設置しています。

今春には「SPACER」を活用した新サービスの展開を予定しています。

今回の資金は、サービス開発、システム開発に充当します。


駅や商業施設などに設置されているコインロッカーは、観光などの際に荷物を一時的に預けるものとして重要な存在です。

近年はインバウンド需要が劇的に増加し、繁忙期にはコインロッカー不足といった問題が生じていますが、一方で閑散期にはコインロッカーの稼働率が悪くなるという問題は残っています。

通常のコインロッカーは預けた本人しか解錠することができないため、基本的に荷物の一時的な保管としてしか利用されません。

こうした背景のもと、スマートロッカーはロッカーの可能性を広げるものとして注目されています。

スマートロッカーはインターネットに接続されており、鍵の施錠・解錠をデジタルで管理することが可能です。これにより本人以外にも施錠・解錠の許可を与えることで、荷物の非対面・異なる時間での荷物の受け渡しを実現します。

このスマートロッカーにより、ラストワンマイル配送における手間を削減したり、無人販売所などとして活用したりすることができます

「SPACER」は、BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)、つまりオンラインで買い店舗(自宅以外の場所)で受け取る仕組みを実現するロッカーとしてさらなる成長を目指しています。

事業の大きな成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BOPIS BtoB SPACER アプリ キャッシュレス決済 コインロッカー スペースアール スマートロッカー スマホ ロッカー 予約 株式会社 物流 発送 荷物 資金調達 配送 鉄道事業者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金属の特注部品受発注プラットフォーム「Mitsuri」運営の「Catallaxy」が3.25億円調達
2020年3月17日、株式会社Catallaxyは、総額約3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 金属加工の商取引プラットフォーム「Mitsuri」を運営しています。 金属部品を発…
DX事業を展開する「SORAMICHI」がWeb開発請負事業を展開する「k-Hack」と業務提携
2023年6月2日、株式会社SORAMICHIは、株式会社k-Hackと、業務提携契約を締結することを発表しました。 SORAMICHIは、DXに関する高度な専門性と豊富なコンサルティング経験をもとに…
電動キックボードシェアリングサービス展開の「Luup」が20億円調達
2021年8月17日、株式会社Luupは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP…
再生可能エネルギー発電事業の統合管理プラットフォームを開発・提供する「Tensor Energy」が4.5億円調達
2024年3月27日、Tensor Energy株式会社は、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Tensor Energyは、再生可能エネルギー発電事業の統合管理プラットフ…
米麹由来糖分「ORYZAE」を中心としたD2Cブランドを展開する「オリゼ」が2億円調達
2023年1月31日、株式会社オリゼ(旧:株式会社アグクル)は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 米麹由来糖分「ORYZAE(オリゼ)」を中心としたD2Cブランド「フードコスメORY…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】