注目のスタートアップ

月経・妊活アプリ「Flora App」などを手がける「Flora」が1.5億円調達

company

2023年12月13日、Flora株式会社は、約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Floraは、月経管理・妊活サポートアプリ「frola app」や、女性の健康課題の解決から男性の理解に必要なすべてを提供する法人向けサービス「flora biz」、啓蒙イベント「FemCamp」などを手がけています。

「flora biz」は、女性の健康課題に対するリテラシーの向上、パーソナライズされた窓口、組織ごとの環境改善に必要なツールをひとつに集約したサービスです。

月経・不妊・更年期といった女性の健康や、男性の不妊、育児うつなど、あらゆるテーマをカバーし、パーソナル窓口で悩みを解決し、サーベイによって損失や必要な文化・制度を可視化し、すべての人が働きやすい職場づくりを支援しています。

今回の資金は、「frola app」「flora biz」の機能拡張に充当します。

とくに働く人びとの性別特有の課題を解決し、誰もが最善のパフォーマンスを発揮できる社会の実現を目指しています。


女性の社会進出、テクノロジーの進化、SNSなどの普及によって女性が自分の悩みなどをオープンに発信できる場が増えたことなどにより、近年、フェムテックという領域が発展を見せています。

フェムテック(Femtech)とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせた造語であり、主に女性特有の健康課題をテクノロジーによって解決することを目指す領域です。

たとえば、月経は女性特有の健康課題として普遍的なものです。生理周期によって女性は身体的・精神的に不安定になってしまうものですが、このことは社会的に広く配慮されているとは言い難い状況にあります。

具体的なデータは、経済産業省が公表している資料「働き方、暮らし方の変化のあり方が将来の日本経済に与える効果と課題に関する調査(フェムテック産業実態調査)報告書」で確認できます。

この資料によると、月経に伴う月経痛や月経前症候群(PMS)により、働く女性の94%は仕事のパフォーマンスに影響があると回答しており、さらに45%がパフォーマンスが半分以下になると回答しています。

また、月経痛やPMSなどによる労働損失は1年間で約4,900億円にあたるとの調査もあります。

ほかにも日本は少子高齢化が深刻な課題であり、出産・育児がしやすい環境の構築が重要なテーマとなっています。とくに晩婚化が進む中で、年齢を重ねた状態での出産が増え、それに伴い不妊に悩む世帯が増加しているという課題があります。

結婚・出産・育児といったライフプランは、仕事選びやキャリア形成などにも明確に関わってくる問題であり、企業が従業員のライフプランや健康をサポートするということは、働きやすい環境の整備、生産性向上といったことにもつながる取り組みとして注目が高まってきています。

こうした背景のもと、Floraは、月経・妊活管理アプリ「flora app」の提供や、性別特有課題を包括的にサポートする法人向けサービス「flora biz」の提供により、働く人びとが最善のパフォーマンスを発揮できる環境整備を支援しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Flora flora app flora biz アプリ フェムテック ヘルスケア ヘルステック 不妊 健康 女性の健康 妊活 性別特有課題 月経 株式会社 生理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「戸田建設」が感染症診断用AI医療機器「nodoca」を提供する「アイリス」に出資
2022年12月27日、戸田建設株式会社は、アイリス株式会社に出資を実施したことを発表しました。 アイリスは、感染症診断用AI医療機器「nodoca(ノドカ)」を開発・提供しています。 咽喉の画像と問…
ブロックチェーンエンジニアリングを行う「Omakase」が資金調達
2024年5月24日、株式会社Omakaseは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、野村ホールディングス株式会社です。 Omakaseは、Web3領域のインフラストラクチャエンジニアリン…
感触制御技術「リアルハプティクス」を搭載したICチップ「AbcCore」を提供する「モーションリブ」が6億円調達
2023年2月10日、モーションリブ株式会社は、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 モーションリブは、慶應義塾⼤学で誕⽣した感触制御技術「リアルハプティクス」を搭載したICチップ「Ab…
「凸版印刷」とP.A.I.(パーソナル人工知能)開発の「オルツ」がデジタル・クローン事業で協業
2021年2月17日、凸版印刷株式会社は、株式会社オルツは、2021年1月に資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 オルツは、私=1人称で語ることができるP.A.I.(パーソナル人工知能)の開…
プレミアム冷凍料理「冷凍良食」を手がける「クオリアース」とECにより食の流通と購買の仕組みを変革する「MEAL FORWARD」が資本業務提携
2023年10月26日、株式会社MEAL FORWARDは、クオリアース株式会社に出資し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 クオリアースは、プレミアム冷凍料理ブランド「冷凍良食」を展開し…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】