注目のスタートアップ

電動キックボード・電動自転車のシェアリングサービス「LUUP」を展開する「Luup」が36億円調達

company

2023年11月7日、株式会社Luupは、デットファイナンスとアセットファイナンスにより総額約36億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Luupは、電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を運営しています。

マイクロモビリティによる交通インフラを担う企業として、今後も車両数やポート数や展開エリアの拡大を進め、さらに交通ルールの啓発や安全対策に注力し、サービスを進化させていくとしています。

今回の資金は、ポートの新設や、車両の増台、交通ルール啓発などの安全対策強化に充当します。


温室効果ガスの排出削減が国際的に推進されているなか、環境に配慮した移動手段の社会実装は重要なテーマのひとつとして認識されています。

日本では自動車が一般的な移動手段として定着しています。しかし、現在の利用方法は、1人乗りかつ短距離での移動が主流であるため、軽自動車であってもオーバースペックの状態にあります。

この課題を解決するものとして、モビリティシェアリングサービスと公共交通機関の併用が挙げられます。

小型電動モビリティのなかでも国際的に注目を集めているのが電動キックボード(電動キックスクーター)です。

キックボードは自転車よりも単純な構造であり、乗るために修練をほとんど必要としません。さらにモーターを内蔵して電動とすることで、より少ない労力で移動することが可能となります。

2023年7月の道路交通法改正により、日本では電動キックスクーターは「特定小型原動機付自転車(特定小型原付)」として分類され、16歳以上であれば運転免許が不要で、ヘルメットの着用は努力義務となり、運転が容易になりました。

それに加え、以前は歩道の走行が禁止され、常に車道を使用する必要があった電動キックボードですが、新たな改正によって、速度制限が6km/h以下であり、最高速度を表示灯で点滅させることで歩道の利用も可能となりました。

ただし、日本の道路インフラは主に四輪車を対象として設計されており、二輪車や電動キックボードなどの新しいモビリティにとって、安全面での課題が存在する地域も多くあります。

そのため、電動キックボードをさらに普及させるためには、安全性に関する課題を解決することが重要です。

事業の大きな成長のためには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Luup キックスクーター シェアリング シェアリングサービス マイクロモビリティ モビリティ ループ 交通 交通インフラ 安全対策 小型 株式会社 自転車 資金調達 電動 電動アシスト 電動キックボード
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIと金融工学により金融サービスを提供する「MILIZE」が資金調達
2023年4月3日、株式会社MILIZEは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、NOBUNAGAキャピタルビレッジ株式会社が運営するファンドです。 MILIZEは、AIと金融工学を活用し…
「FINOLAB」がスタートアップ向けのバックオフィス・シェアリング・サービス「SUBPOSI」を開始
2020年6月4日、株式会社FINOLABは、「SUBPOSI(サブポジ)」を開始することを発表しました。 「SUBPOSI」は、スタートアップ向けのバックオフィスのシェアリング・サービスです。 第1…
ラストワンマイル配送のルート最適化システム「Loogia」を提供する「オプティマインド」が20億円調達
2022年12月12日、株式会社オプティマインドは、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オプティマインドは、ラストワンマイル配送におけるルート最適化クラウドサービス「Loogia(…
建設業界に特化したロボットソリューションを開発・提供する「建ロボテック」が1.5億円調達
2023年8月21日、建ロボテック株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建ロボテックは、建設現場に特化した省力・省人化ロボットソリューションの開発・提供や、スマー…
「CAMPFIRE」と「GO」が業務提携し個人向け広告サービス「AD FOR ALL」をリリース
2020年3月4日、株式会社CAMPFIREは、株式会社GOと連携し、「AD FOR ALL」の提供を開始したことを発表しました。 「AD FOR ALL」は、個人が自由に広告を活用できるサービスです…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】