注目のスタートアップ

泡盛粕から美味しい食用藻「うま藻」をつくる「AlgaleX」が2.5億円調達

company

2023年10月25日、株式会社AlgaleXは、総額約2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

AlgaleXは、泡盛の粕から美味しい藻「うま藻」をつくるサステナブルフードテック企業です。

「うま藻」は、カラスミのような濃厚な旨味と芳醇な香りを特徴としています。

からだに嬉しい成分を豊富に含む藻を作り出すAI藻類発酵技術「Brewer24」を保有しており、泡盛粕などの未利用食品を活用し、食用の藻を製造しています。

藻を通じてDHAや旨味などを作り出すことで、昆布やイワシなどの旨味食材を次世代につなぐことを目指しています。

現在「うま藻」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を実施しています。

今回の資金は、「うま藻」のブランディング・販売拡大、AI発酵技術「Brewer24」の開発加速に充当します。


日本の食にとって欠かせない「出汁」。これは動・植物性食品の旨味を汁として出したものです。

現在旨味成分は科学的に立証されており、その物質には、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸、アスパラギン酸などがあります。

これらの旨味成分は主に肉類や魚介類などから抽出されるものもあり、ヴィーガンなどはこれらの旨味を利用した料理を食べられないほか、気候変動によって原料となる魚介類が獲れなくなったりするといった持続可能性についても課題を抱えています。

近年は、タンパク質危機などの課題解決のため、植物性の原料のみを利用した植物肉・代替肉といったプラントベースドフードが世界的に普及し始めています。

一方、こうしたプラントベースドフードは食味において課題を抱えていることが多く、とくに魚介類の旨味の再現が困難となっています。

AlgaleXは、未利用食品を活用して藻を発酵させるという独自技術を保有しています。この技術を活用し、泡盛の粕から濃厚な旨味と芳醇な香りを持つ「うま藻」を作りだし、旨味を次世代にもつなげていくことを目指しています。

事業を拡大させるには資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB うま藻 サステナブル フードテック 技術 未利用食品 株式会社 泡盛粕 発酵 藻類 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「フューチャーベンチャーキャピタル」が大学・専門学校向け募集広報システム「SchooLynk Contact」を提供する「Doorkel」に出資
2023年3月20日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合(東日本銀行地域企業活性化ファンド)より、株式会社Doorkelに投資を実行したことを発表…
会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」運営の「AUTHENTIC JAPAN」が2.2億円調達
2021年3月5日、AUTHENTIC JAPAN株式会社は、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」を運営しています。 災害や遭難などでの…
独自技術「環境移送技術」により海の見える化に取り組む「イノカ」が「リバネス」と資本業務提携
2023年4月28日、株式会社イノカは、株式会社リバネスと、資本業務提携を締結したことを発表しました。 イノカは、任意の海洋環境をモデル化し、ラボでの環境解析を可能にする独自の技術コンセプト「環境移送…
トータル・ボディケア・ブランド「I‘m La Floria」展開の「Mellia」が資金調達
2020年1月30日、Mellia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリケート・ゾーン・ケアから始まるトータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」を展開しています。 現在は、…
ローカル・コミュニティやコワーキング・スペース運営の「ATOMica」が1.8億円調達
2020年3月26日、株式会社ATOMicaは、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式会社ビットキーと株式会社ディーサイングループのジョイント・ベンチャーとして2019…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】