経営者の個人保証を不要とする創業時の新しい保証制度「スタートアップ創出促進保証」

change

中小企業庁は、「スタートアップ創出促進保証制度」を2023年3月15日から開始しています。

「スタートアップ創出促進保証制度」は、2022年6月7日に閣議決定された「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画」を踏まえ、経営者の個人保証が起業・創業の阻害要因とならないように、経営者保証を不要とする創業時の新しい信用保証制度です。

概要

保証対象者:
 ・創業予定者(これから法人を設立し、事業を開始する具体的な計画がある者)
 ・分社化予定者(中小企業にあたる会社で事業を継続しつつ、新たに会社を設立する具体的な計画がある者)
 ・創業後5年未満の法人
 ・分社化後5年未満の法人
 ・創業後5年未満の法人成り企業
保証限度額:3,500万円
保証期間:10年以内
据置期間:1年以内(一定の条件を満たす場合には3年以内)
金利:金融機関所定
保証料率:各信用保証協会所定の創業関連保証の保証料率に0.2%上乗せした保証料率
担保・保証人:不要
その他:
 ・創業計画書(スタートアップ創出促進保証制度用)の提出が必要。
 ・保証申込受付時点において税務申告1期未終了の創業者にあっては創業資金総額の1/10以上の自己資金を有していることを要する。
 ・本制度による信用保証付融資を受けた方は、原則として会社を設立して3年目および5年目のタイミングで中小企業活性化協議会による「ガバナンス体制の整備に関するチェックシート」(後日掲載予定)に基づいた確認および助言を受けることを要する。


株式会社や合同会社は有限責任であるため、会社が倒産してしまった場合でも、責任は出資した範囲内に限られます。しかし、中小企業のオーナー(社長兼株主)などの場合、金融機関からの融資に際して、会社の保証人・連帯保証になっており、実質的に無制限に債務を返済する責任を負う無限責任であるという実態があります。経営者個人が会社の連帯保証人と制度を「経営者保証」といいます。

経営者保証は、金融機関にとって融資への安心をもたらし、中小企業の経営者や企業にとって信用力の不足を補完するメリットがあります。一方で、この制度は起業、中小企業の成長、スムーズな事業承継に制約をかける要因とされ、経営者保証を必要としない融資制度の必要性が高まっています。

政府は、経営者保証が後継者候補の確保に影響を及ぼしていると認識し、2020年1月から「経営者保証ガイドライン」の徹底を通じて、一定の条件を満たす企業に対して「原則無保証化」の対策を実施しています。

そして、今回の「スタートアップ創出促進保証制度」は、経営者保証に関連した課題に対処する新たな制度です。経営者保証が不要になることで、起業に関する動向がどのように変わるか注目が集まっています。

起業においては日本政策金融公庫などの創業融資制度を活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、起業時の融資の注意点や、融資を受ける際のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 制度改正
関連タグ スタートアップ創出促進保証制度 保証 信用保証制度 創業 経営者保証 融資 起業
詳細はこちら

経営者の個人保証を不要とする創業時の新しい保証制度(スタートアップ創出促進保証)を開始します。

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

制度改正の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

福岡県・リソース投下型アクセラレーションプログラム「ISSIN」参加企業募集
福岡県ベンチャービジネス支援協議会は、「ISSIN(イッシン)」への参加企業の募集を開始したことを発表しました。 「ISSIN(イッシン)」は、スタートアップ、第二創業ベンチャー・アトツギ向けのリソー…
クラウド物流管理ソリューション「MOVO」と物流DXコンサルティング「Hacobu Strategy」を展開する「Hacobu」が「商工組合中央金庫」からの融資により3億円調達
2023年7月31日、株式会社Hacobuは、株式会社商工組合中央金庫からの融資により3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Hacobuは、クラウド物流管理ソリューション「MOVO(ムーボ)…
【2/2開催】マッチングイベント「JAPAN STARTUP SELECTION the 9th Edition」
スタートアップ都市推進協議会は、「JAPAN STARTUP SELECTION the 9th Edition」を開催することを発表しました。 加盟自治体から選抜されたスタートアップ約20社によるピ…
「SOCIAL COMMON CAPITAL」が1.7億円調達 融資型クラウドファンディング事業「CAMPFIRE Owners」のMBOを実施
2022年8月24日、株式会社SOCIAL COMMON CAPITALは、総額約1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社CAMPFIREが運営する融資型クラウドファ…
【3/21開催】「DEEP TECH SUPPORT FESTA 2024~最新の支援施策メニューをまとめて配信!~」研究開発型スタートアップ・起業準備者・研究者を対象としたイベント
2024年2月27日、独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部は、神奈川県と連携し、「DEEP TECH SUPPORT FESTA 2024~最新の支援施策メニューをまとめて配信!~」を2024年3…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】