注目のスタートアップ

次世代フィットネスジム「LifeFit」を運営する「FiT」が6億円調達

company

2023年8月16日、株式会社FiTは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。

FiTは、次世代フィットネスジム「LifeFit(ライフフィット)」を運営しています。

定期利用2,980円・都度利用500円というリーズナブルな価格で利用できる次世代フィットネスジムです。

フィットネスジム利用アプリ「FitGo!」を通じ、オンライン完結で入会・退会・休止を行うことができます。また、セキュリティゲートを利用した入場もアプリで行います。

2023年からフランチャイズによる出店拡大を本格的に開始しています。

2023年8月現在、全国で24店舗を展開しています。

今回の資金は、「LifeFit」「FitGo!」への事業投資、採用活動の強化に充当する予定です。


現在、国内の約15%の人々が生活習慣病の患者とされ、健康な長寿を妨げる最大の要因となっています。さらに、これが国民の医療費にも大きな影響を及ぼしており、ヘルスケアや予防医学の重要性が一段と高まっています。

このような背景から、国内では健康志向が一層高まっており、機能性表示食品などの健康関連市場が拡大しています。

ところで、運動は健康を維持する上で極めて重要な要素です。

国内のフィットネス業界も、健康への意識の高まりや、都市型の小規模店舗増加、24時間営業の拡充などに支えられ、2012年以降着実に成長を遂げています。

ただし、国内のフィットネス参加率はまだ低く、2018年時点では3.33%と報告されています。

世界的にフィットネスクラブの参加率が高い国々は、スウェーデン(21%)、ノルウェー(21%)、米国(21%)、デンマーク(18%)、オランダ(17%)などであり、国内のフィットネス市場には依然として成長の余地があると考えられています。

国内における低いフィットネス参加率の理由のひとつは、施設や機材にかかる費用の高さであり、海外のサービスに比べて会費が高額であることが挙げられます。

そのため、近年のフィットネスサービス業界では、オンラインプラットフォームを活用したコストダウンや、実店舗におけるテクノロジーを駆使した省人化と効率化によるコスト削減などが注目されています。

株式会社FiTのコメント

このニュースを受けまして、株式会社FiTよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

よりフィットネスを暮らしに身近なものにするために、次世代型フィットネスジム『LifeFit』および、フィットネスジム利用アプリ『FitGo!』への事業投資を行うとともに、採用活動の強化に充てる予定です。

・今後の展望を教えてください。

日本のフィットネス参加率の低さや日本人の健康問題などの課題を解決するために、フィットネスにおけるIT活用を推進します。

フィットネス業界No.1を目指し、まずは2025年までに1,000店舗の出店、月次ユーザー数100万人を目指します。

そして、フィットネスを起点に暮らしを豊かにするために「フィットネスのインフラ事業」も展開予定です。
これからも投資家の皆さまの強力なバックアップを頂きながら、より一層事業成長を加速させ、チーム一同邁進してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

FiTでは「暮らしにフィットネスを」を世界観に掲げ、心身の健康を実現し、人の生活を豊かにしていきます。

新規事業でフィットネスに興味がある企業さまからのご連絡もお待ちしております。

ヘルスケアは企業の健康経営にとても重要です。たとえば、雇用人数が50人未満の事業場のストレスチェックは任意とされていますが、生産性の向上のためにも実施したほうがよいでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

また、健康に働くことができる職場環境を整備するには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ FIT FitGo! LifeFit アプリ オンライン ジム フィットネス フィットネスジム フランチャイズ ヘルスケア ライフフィット 健康 株式会社 資金調達 運動
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

B2C事業者向けDXツール提供の「UPBOND」が1億円調達
2021年6月10日、株式会社UPBONDは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 B2C事業者向けの、顧客管理からアプローチまでを一元管理できるDXツール「UPBOND」の提供と、DX…
搭乗型ロボットの開発・運用・プロデュース事業を展開する「MOVeLOT」が2,500万円
2023年3月9日、MOVeLOT株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MOVeLOTは、搭乗型ロボット領域における世界的なリーディングカンパニーを目指し、搭乗型ロボ…
保護犬猫マッチング・サイトなど運営の「シロップ」が2億円調達
2020年1月29日、株式会社シロップは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ペットライフ・メディア「ペトこと」、保護犬猫マッチング・サイト「OMUSUBI」を運営しています。 また、…
VTuberのプロデュースを行うIP事業やバーチャル学園都市「MEキャンパス」の運営などを手がける「Brave group」が19.9億円調達
2023年8月23日、株式会社Brave groupは、総額19億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Brave groupは、Virtual esportsプロジェクト「ぶいすぽ…
独自技術「環境移送技術」により海の見える化に取り組む「イノカ」が「リバネス」と資本業務提携
2023年4月28日、株式会社イノカは、株式会社リバネスと、資本業務提携を締結したことを発表しました。 イノカは、任意の海洋環境をモデル化し、ラボでの環境解析を可能にする独自の技術コンセプト「環境移送…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】