注目のスタートアップ

認証・閉域化・通信制御を一元管理するクラウドプラットフォームを提供する「closip」が資金調達

company

2022年9月12日、株式会社closipは、アセンテック株式会社に対して第三者割当増資を実施したことを発表しました。

closipは、独自のネットワーク技術「LTE over IP(LTE 仮想化技術)」により、既存のIPネットワーク上で仮想閉域空間を構築し、デバイス認証、通勤経路暗号化、各種サービスとのID連携、ビッグデータ利活用などのサービスを提供しています。

アセンテックは、仮想デスクトップに関連する製品開発、販売、コンサルティングサービスを展開しています。

Closipが保有するLTE over IPは、Wi-Fiやイーサネットなどの既存のIPネットワーク上に、プライベートなLTEネットワークを仮想的に構築できる技術です。

テレワーク下ではセキュリティを確保しながら遠隔で社内システムにアクセスするための環境を構築する必要があります。

もしセキュアな環境を構築しないままテレワークを実施していると、情報漏洩などの危険性が高まってしまいます。

セキュリティ上危険となるのが、インターネットへの接続です。

テレワーク下では、無線・有線などさまざまな環境でインターネットに接続されることになります。

公衆無線LANでは通信の盗聴、ID・パスワードの漏洩などの問題があります。

一般的にはセキュリティを確保したままインターネットに接続するため、インターネット上に仮想の専用回線を構築し、接続元と接続先でセキュアな通信を行うVPNや、物理的に隔離された通信経路でモバイル端末と企業LANをつないてLTE回線からリモートアクセスする閉域SIMなどが利用されています。

LTE回線はVPNよりも高いセキュリティを確保できるというメリットがありますが、常にLTE回線を使う必要があるため、通信費が高くなってしまうというデメリットがあります。

LTE over IPは、IPネットワーク上でLTEと同じプロトコルを使用し、LTEの端末認証などの各種機能を利用できる技術です。

閉域SIMとは異なり、Wi-Fi環境でも利用できるというメリットがありながら、LTEと同様のセキュリティを実現できる、つまりVPNと閉域SIMのいいとこ取りの技術となります。

テレワークをはじめるには、Web会議ツールやコラボレーションツールなどの導入が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「リモートワーク手帳」では、リモートワークをはじめるために必要なものや、快適なリモートワーク環境を実現するツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ closip IP アセンテック ネットワーク 一元管理 仮想化 技術 株式会社 認証 資金調達 通信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

細胞培養スタートアップの「インテグリカルチャー」が8億円調達
2020年5月25日、インテグリカルチャー株式会社は、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました 独自開発の低コスト細胞培養技術「CulNet System」を用いた様々な事業展開を推進していま…
愛犬のためのカスタムフードサービス「Buddy FOOD」など提供の「Buddycare」が資金調達
2022年4月25日、Buddycare株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Buddycareは、愛犬のためのカスタムフードサービス「Buddy FOOD(バディーフード)」の提供や、…
アルムナイ(企業の退職者)と企業をつなぐ「Official-Alumni.com」運営の「ハッカズーク」が資金調達
2022年5月23日、株式会社ハッカズークは、資金調達を実施したことを発表しました。 ハッカズークは、アルムナイ専門サービス「Official-Alumni.com(オフィシャル・アルムナイ・ドットコ…
ナレッジ経営クラウド「Qast」運営の「any」が1.5億円調達
2021年6月23日、any株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。 Q&AとWikiにより、社…
花嫁プラットフォーム「ウェディングニュース」運営の「オリジナルライフ」が2.8億円調達
2020年1月20日、オリジナルライフ株式会社は、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 花嫁プラットフォーム「ウェディングニュース」を運営しています。 花嫁による結婚式の実例…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ