注目のスタートアップ

資源循環プラットフォーム「pool」などを手がける「レコテック」が資金調達

company

2023年7月14日、レコテック株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

レコテックは、循環型サプライチェーンを構築するクラウドサービス「pool」、国産100%PCR材「pool resin」、資源循環に向けたコンサルティング事業を展開しています。

「pool」は、廃棄されている都市資源の情報を見える化し、回収効率を高め、リサイクル材料を活用したい製造業者と排出事業者をつなぎ合わせ、循環型サプライチェーンをデザインします。

あらゆるプロセスで情報連携することで、リサイクル材を活用する上で必要となる、どこから・どのようなプロセスを経てリサイクルされたのかというトレーサビリティ情報と、スコープ3カテゴリ1・5のCO2排出量情報を提供します。

今回の資金は、「pool」の事業拡大に充当します。


天然資源の枯渇、ごみ問題、環境破壊など、資源に関する社会課題は年々深刻化しており、根本的な解決が求められています。

これら社会課題を解決する方法のひとつとして、循環型社会の実現が進められています。

循環型社会とは、少ない資源を循環させて効率的に活用する環境負荷の低い社会のことです。

たとえば、現代社会はプラスチック素材に頼った製品に溢れていますが、プラスチックは石油由来であるため、将来的に枯渇の可能性があるほか、自然に還らないことから、数々の環境問題を引き起こしています。そのため、なるべくプラスチックの廃棄を減らし、資源を効率的に利用するため、リサイクルなどの仕組みを確立する必要があります。

日本では高度経済成長期に埋立地のキャパシティの問題が顕在化し、2000年代から各種リサイクル法が制定されるなど、リサイクルが推進されてきました。

一方、日本のプラスチックごみのリサイクル率は80%と高い水準にありますが、そのうち56%をサーマルリサイクルが占めています。サーマルリサイクルとは、プラスチックを焼却する際に発生する熱エネルギーを回収して発電などに利用するものです。

サーマルリサイクルは廃棄物の有効活用ではあるものの資源が循環するリサイクルの形ではないことから、諸外国ではリサイクルとはカウントされていないこともあります。

そのため日本では資源循環のための仕組みの構築が求められています。

レコテックは、都市資源の可視化、物流効率・工場稼働率の最適化によるコスト減、再生資源のトレーサビリティの担保を実現する「pool」により、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指しています。

SDGs(持続可能な開発目標)は人類として長期的に取り組んでいかなくてはならないことですが、これはビジネスチャンスでもあります。もちろん社会課題を解決しなくてはならないのでハードルは高いのですが、その分投資家からの注目を集めやすいという利点があります。「冊子版創業手帳」では、さまざまな起業家のインタビューを掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスの創造・成長にとって役に立つでしょう。

また、事業の拡大のためには資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CO2排出量 PCR材 Pool クラウドサービス コンサルティング サーキュラーエコノミー サプライチェーン デザイン トレーサビリティ プロセス リサイクル レコテック 回収 循環型社会 情報 材料 株式会社 活用 製造業 見える化 資源循環 資源循環プラットフォーム 資金調達 連携 都市資源
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人事評価クラウド・サービス提供の「HRBrain」が4億円調達
2019年10月9日、株式会社HRBrainは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人事評価クラウド・サービス「HRBrain」を開発・提供しています。 従業員の目標設定から評価まで…
異音検知システムや音声認識・自然言語解析処理の「Hmcomm」が資金調達
2021年8月10日、Hmcomm株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 異音検知プラットフォーム「FAST-D」や、AI音声自動応対システム「Terry」、議事録自動作成システム「ZME…
起業家と投資家をつなぐピッチ動画プラットフォーム「GoToPitch」がリリース
2021年6月24日、ScientistPage株式会社は、「GoToPitch」をリリースしたことを発表しました。 「GoToPitch」は、ピッチ動画作成・録画機能とマッチング機能を併せ持つ、登録…
360度評価支援クラウド「スマレビfor 360°」など提供の「シーベース」が4.14億円調達
2022年9月28日、株式会社シーベースは、総額4億1,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シーベースは、360度フィードバック(多面評価)の支援に特化したクラウド型サーベイシステム「…
「スカリー」が企業向け動画制作サービス「ネイティブドラマ」プロジェクトをスタート
2022年1月28日、スカリー株式会社は、「ネイティブドラマ」プロジェクトを開始したことを発表しました。 「ネイティブドラマ」は、企業のリアルなエピソードを、有名人・プロの役者・クリエイターがノンフィ…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】