注目のスタートアップ

藻類基点の新産業を構築するプロジェクト「MATSURI」を主導する「ちとせグループ」が「資生堂」から10億円調達 戦略協業契約を締結

company

2023年7月11日、ちとせグループは、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社資生堂です。また、資生堂とは戦略協業契約を締結したことも発表しています。

ちとせグループは、バイオテクノロジー関連の技術開発・事業開発を行う株式会社ちとせ研究所を中核法人とするバイオ企業群です。

光合成とバイオテクノロジー基点の社会を産み出すことを目標に、微生物・細胞・藻類・菌叢などの小さな生き物の可能性を引き出す技術群の開発や、それらを活用した事業を開発しています。

2021年春から、石油産業に代わる藻類基点の新産業を構築するプロジェクト「MATSURI」を主導しています。

太陽光を唯一のエネルギー源とする藻類の大規模生産を行うと同時に、燃料・プラスチック・食品・化粧品など、藻類製品を社会に普及させる取り組みをさまざまな企業・機関と協働して進めています。

資生堂は、2022年4月から「MATSURI」プロジェクトに参画しています。

今回の協業契約により、藻類を利用した化粧品原料や化粧品容器に係る原料の開発・量産化や、将来的な食品事業に活用できる原料開発などに取り組んでいきます。


藻類とは、光合成を行う生物のうち、コケ植物、シダ植物、種子植物を除いたものの総称です。ノリ・ワカメ・コンブなどは大型の藻類として有名ですが、その多くは顕微鏡でしか見ることができない小さな生物(微細藻類)です。

藻類は人間にとって有用な物資を含んでいたり、作り出したりすることができることから、以前から産業利用のための研究開発が続けられています。

また、近年は食糧危機対策やクリーンエネルギーへの転換などが進められていますが、藻類はタンパク質の含有量が高いことから、新たな食料として期待されているほか、高効率にバイオ燃料を作り出すことができるため、さまざまな社会課題解決に役立つ生物としてさらに注目が高まっています。

さらに藻類は、陸上植物と比較して生産効率が良いこと、少量の水で生産できること、水と太陽光があればよいため生産に必要な土地を選ばないこと、といった生産にとって都合のいい特徴を備えていることから、藻類は今後世界的な産業として確立していくと考えられています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CHITOSE BIO EVOLUTION PTE. LTD. MATSURI ちとせグループ ちとせ研究所 バイオ バイオテクノロジー プロジェクト 事業開発 技術開発 株式会社 構築 産業 藻類 資生堂 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

画像認識AIを用いた各種ソリューションを開発・提供する「サイバーコア」 「電気興業」による株式取得・「電気興業」グループへ参画
2023年8月25日、株式会社サイバーコアは、電気興業株式会社(DKK)とサイバーコアの発行済株式を取得する株式譲渡契約および第三者割当増資に関する総引受契約を締結し、DKKグループに参画することを発…
「早稲田大学ベンチャーズ」が極微量タンパク質の検出を可能とする技術を保有する研究開発型スタートアップ「BioPhenoMA」に2億円の創業投資を実行
2023年5月24日、早稲田大学ベンチャーズ株式会社(WUV)はWUV1号ファンドより、株式会社BioPhenoMAに約2億円の創業投資を行ったことを発表致します。 BioPhenoMAは、早稲田大学…
「ニーリー」・「日本管理センター」・「いい生活」の3社が業務提携 不動産管理会社のDXを推進
2021年1月26日、株式会社ニーリーは、日本管理センター株式会社、株式会社いい生活と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 ニーリーは、月極駐車場の募集から契約業務、契約後の月額使用料の収納代…
「グロース・キャピタル」がコーポレート・サイトを開設
グロース・キャピタル株式会社は、コーポレート・サイトを2020年12月11日に開設したことを発表しました。 コーポレート・サイトでは、支援した事例の紹介や、ファイナンス分野での研究活動や、共催セミナー…
次世代リチウムイオン電池を開発する「TeraWatt Technology」が資金調達
2023年6月5日、TeraWatt Technology株式会社は、TeraWatt Technology Inc.が資金調達を実施したことを発表しました。 TeraWatt Technology株…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】