注目のスタートアップ

青森県発ヴィーガンレザーメーカー「appcycle」が資金調達

company

2023年6月30日、appcycle株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社プロクレアホールディングスとスパークル株式会社が運用する「プロクレアHD地域共創ファンド」です。

appcycleは、青森市を拠点とするヴィーガンレザーメーカーです。

リンゴジュースなどに加工した後に残るリンゴの皮などの残渣を活用したヴィーガンレザー「RINGO-TEX(リンゴテックス)」を開発・提供しています。

従来の合成皮革よりも加工・廃棄時のCO2排出量が少ないこと、ポリウレタンの使用が少ないこと、リンゴ残渣の乾燥方法によりCO2を排出しない技術を採用していることなどを特徴としています。

すでに、全日空のGreen Jetのヘッドレストカバーとして採用されているほか、青森県出身のアイドル王林氏が手がけるアパレルブランド「What Is Heart」のバッグとキャップに採用されています。

今回の資金は、事業拡大のための開発、人材確保に充当します。


自動車の座席や、ソファ、靴、バッグ、財布など、さまざまな製品の素材として革が利用されています。

革は動物由来の天然皮革(本革)と、天然皮革に似せて作られた人工皮革や合成皮革があります。人工皮革や合成皮革はフェイクレザーとも呼ばれています。

フェイクレザーは本革よりも安価であるほか、品質が均一、動物の殺生を伴わないといったメリットがあります。一方、加水分解などによって表面が劣化しやすく、本革よりも寿命が短い、ポリ塩化ビニルやポリウレタンなどの石油由来の原材料を必要とするといったデメリットもあります。

こうしたなか、近年は植物由来の原材料を利用したフェイクレザー、いわゆるヴィーガンレザーが注目されています。

フェイクレザーは、ナイロンやポリエステル素材に、ポリウレタンなどの樹脂層をコーティングするなどして作られます。ヴィーガンレザーは、この樹脂において植物性の原料、つまり再生プラスチック素材を利用したものです。

また、植物性の繊維を利用し、人工皮革や合成皮革と別のアプローチでつくられたフェイクレザーもあります。

植物性の原料としては、パイナップルの葉やリンゴの皮の残渣など、廃棄物となっていたものが活用されているため、資源の有効活用にもなるというメリットがあります。

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ appcycle RINGO-TEX ヴィーガンレザー メーカー りんご リンゴテックス 合成皮革 合皮 株式会社 残渣 資金調達 青森県
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コーヒーのサブスクリプション・サービス運営の「POST COFFEE」が5,000万円調達
2019年10月1日、POST COFFEE株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コーヒーのサブスクリプション・サービス「PostCoffee」を運営しています。 …
オールインワンデータ分析ツール「データ統一クラウド」を提供する「Srush」が4億円調達
2023年11月22日、株式会社Srushは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Srushは、データ基板とBIの機能をオールインワンにしたデータ分析ツール「データ統一クラウド」を提供…
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が100億円調達 米国事業加速へ
2019年11月19日、スマートニュース株式会社は、総額100億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ニュース・アプリ「SmartNews」を運営しています。 ダウンロード数は、日米合算で5,0…
スキマバイトサービス運営の「タイミー」が「KDDI open innovation fund」から資金調達
2021年8月30日、株式会社タイミーは、KDDI Open Innovation Fund 3号(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)と投資契約書を締結し、KDDI株式会社との業務提携の検討を目的…
セントラル・キッチン・サービス「ロカルメオーダー」提供の「スパイスコード」が2億円調達
2021年2月8日、スパイスコード株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 セントラル・キッチン・サービス「ロカルメオーダー」を提供しています。 自社ブランドの食品を、簡単、スピ…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】