注目のスタートアップ

ウェディングプラットフォーム「ブラプラ」や「ブラプラWEB招待状」を展開する「ParaLux」が資金調達

company

2023年1月20日、株式会社ParaLuxは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社ドーガン・ベータです。

ParaLuxは、ウェディングプラットフォーム「ブラプラ」や、無料のWeb招待状「ブラプラWEB招待状」を展開しています。

「ブラプラ」は、好きな場所で好きな人たちと結婚式をつくることができるサービスです。

式場以外のあらゆる場所で、自分でプランナー・ヘアメイク・カメラマンなどを選び、自分の好きな衣装を着て結婚式を挙げることができます。

フリーランスで活躍するウェディングクリエイターを登用することで、制限のない自由な結婚式を実現しています。

今回の資金は、ウェディングクリエイターの認知度向上を目的とした広報活動の強化に充当します。


ブライダル業界は、コロナ禍によって結婚式の延期・中止・縮小などが相次ぎ、大きな打撃を受けました。

また、そもそもの若年層人口の減少により結婚する件数も減少が続いています。ピークだった1972年の婚姻件数は約110万組だったのですが、2018年には過去最低を更新し、約58.6万組にまで減少していることが大きな課題となっています。

一方、結婚式に対するこだわりは年々強くなっており、2000年代初頭の挙式・披露宴・披露パーティー総額は260万円程度だったものが、2019年には380万円近くまで上昇しています。

さらに近年はSNSなどで他人が挙げている結婚式の様子を垣間見れるようになっており、結婚式のニーズが多様化しています。

一方、結婚式場では、こうしたニーズの多様化にすべて対応することは難しいという課題を抱えています。

さらに一般的な結婚式では、結婚式を構成するヒト・モノは式場側によって指定されることになり、カップルの不満につながってしまうケースもあります。

ParaLuxは、こうした結婚式の課題を解決し、さらに多様化した結婚式ニーズに応えるため、フリーランスのクリエイターを活用することで、カップルが結婚式を自由につくりあげることができるサービス「ブラプラ」を提供しています。

株式会社Paraluxのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Paralux 代表取締役 村田里史氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

魅力の多いフリーランスのウェディングクリエイターですが、まだまだその認知度は低いという課題があります。

まずはその認知度を向上させるための広報活動を強化していきたいと考え、資金調達を行いました。

・今後の展望を教えてください。

「ブラプラ」としてはtoCだけでなく、toBの広報活動を強化し、フリーランスのウェディングクリエイターの認知度の向上を。

「ブラプラWEB招待状」としてはよりユーザーの視点に立ち、快適に使っていただけるようなUI/UXの改善、さらに周辺機能のアップデートをしていきたいと考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

「式の演出や料理がパターン化しているように感じる」

「もっとふたりの良さを生かした他の人と違う結婚式が見たかったな」

友人達の結婚式に参列するうちに抱いたのが、そんな違和感でした。

自分が結婚式を挙げるならもっと自由でオリジナリティのある式がしたい!と、調べ続けてやっと見つけたのがフリーランスのウェディングプランナーという存在です。

今後もクリエイターや投資家の皆さまと連携し、フリーランスとして活躍するウェディングクリエイターの認知度の向上などの課題にも真摯に向き合ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします!

コロナ禍や消費行動の変化などにより市場に大きな変化が訪れています。そのため市場の変化を見定めて新たなサービスを生み出していくことが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、自社の強み・弱み、市場の機会・脅威を分析するフレームワークを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ParaLux Web招待状 ウェディング ウェディングクリエイター クリエイター ブライダル プラットフォーム ブラプラ フリーランス 冠婚葬祭 招待状 株式会社 結婚式 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…
企業の戦略立案から実行支援までを一括して実施するコンサルティングサービス提供の「コロニー」が「NTTデータ」と資本業務提携
2021年12月22日、コロニー株式会社は、株式会社NTTデータと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 外部人材を活用しながら、クライアント企業の戦略立案から実行支援までを一括して実施する…
コーディネート提案「XZ(クローゼット)」運営の「STANDING OVATION」が事業譲渡などにより2億円規模の資金調達
2020年3月18日、株式会社STANDING OVATIONは、株式会社ジンズホールディングスと、株式会社トレジャー・ファクトリーからの増資およびWebメディア「lamire(ラミレ)」の事業譲渡に…
個人向けカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」を展開する「ナイル」が「ダイレクトマーケティングミックス」と資本業務提携
2023年1月20日、ナイル株式会社は、株式会社ダイレクトマーケティングミックスと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ナイルは、個人向けカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモく…
ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」運営の「COTEN」が8,400万円調達
2021年6月30日、株式会社COTENは、総額8,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ポッドキャストによるラジオ番組「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を運営し…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ