注目のスタートアップ

支援プロジェクト「Hybrid Technologies Capital」の第9弾支援先として処方箋入力代行サービス「precal」を提供する「プレカル」が選定

company

2023年1月4日、株式会社ハイブリッドテクノロジーズは、支援プロジェクト「Hybrid Technologies Capital」の第9弾支援先として、株式会社プレカルを選定したことを発表しました。

「Hybrid Technologies Capital」は、ハイブリッドテクノロジーが、スタートアップの事業成長を目的に出資とエンジニアリソースの提供を行う支援プロジェクトです。

プレカルは、薬局向けのオンライン事務員による処方箋入力代行サービス「precal(プレカル)」の提供や、利用料0円から利用できるクラウド型レセコンの開発を行っています。

「precal」は、自動受付システムと、それによりスキャンされた処方箋データのオンライン事務員による入力代行により、薬局の受付から入力業務の効率化・無人化を実現するサービスです。

今回の「Hybrid Technologies Capital」による支援により、プレカルはレセコンSaaSの開発を推進します。

薬局内での業務フローは、大雑把にいえば、受付、処方箋の入力、薬の調剤・準備、薬の受け渡し、薬歴の管理となっています。

処方箋の入力は薬局における業務のうちかなりの割合を占める事務作業なのですが、薬局によっては事務員を配置していないケースも多く、処方箋入力を薬剤師自身が担当することによって業務負担が高くなっていることが課題となっています。

さらに、処方箋の書き方は病院・医師によって異なり、そしていまだ手書きであることもしばしばあります。

またそれをレセコンに手入力することになるため、ミスを防ぐための確認などに手間がかかっています。

効率化を実現するため、紙の処方箋をデジタルデータに変換するためのシステムの導入も考えられますが、処方箋の書き方は統一されていないため、OCRで文字を読み取ったとしても適切にシステムに入力されないこともよくあります。

近年はこの課題を解決するため、処方箋にQRコードをつけたり、電子処方箋が導入されるようになってきましたが、すべての処方箋がデジタルなものに置き換わるにはまだ時間がかかります。

プレカルは、この処方箋入力業務を効率化し事務員を不要にするため、入力代行サービス・自動受付システム「precal」を提供しています。

また、プレカルは、薬局向けのクラウド型レセコンも開発しています。

レセコン(レセプトコンピューター)とは、医療機関の基幹システムとして導入されているシステムです。

もとは医療報酬を請求するためのレセプト(医療報酬明細書)を作成するシステムでしたが、現在は、患者の登録、受付、保険証の確認、診療内容の記録、処方箋の発行などさまざまな業務を担っています。

一方、現在普及・導入されているレセコンは古いシステムが多く、最新の外部システムとの連携が遅れているほか、オンプレミス型であるため導入・保守・点検・更新に高いコストがかかっていることが課題となっています。

プレカルは、自社でクラウド型レセコンを提供し「precal」との連携をスムーズにすることで、さらに薬局における事務作業を効率化することを目指しています。

企業を成長させていくためには最新のシステムの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BPO precal SaaS アウトソーシング オンライン ハイブリッドテクノロジーズ プレカル レセコン 代行 代行サービス 入力 処方箋 受付 株式会社 無人化 自動化 薬局 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データベース型iPaaSを展開する「Yoom」が8.4億円調達
2022年8月2日、Yoom株式会社は、総額8億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年6月23日付で新会社Yoom株式会社を設立し、株式会社TimeTechnolog…
EV充電インフラ「Terra Charge」を提供する「Terra Motors」が「アズーム」と業務提携 マンション空き駐車場の課題解決へ
2022年7月15日、Terra Motors株式会社は、株式会社アズームと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Terra Motorsは、電気自動車向けの充電サービス「Terra Char…
パワーポイント(スライド)を最短30秒でWebサイトに変換するSaaS「Slideflow」がリリース
株式会社デジタルレシピは、「Slideflow(スライドフロー)」の法人提供を2022年3月18日から開始したことを発表しました。 「Slideflow」は、パワーポイント(PowerPoint)もし…
「BetaMind」が8,000万円調達 BtoB特化の動画マーケティングクラウド「Vidbase」β版を提供開始
2022年10月13日、株式会社BetaMindは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Vidbase」β版の提供を開始したことも併せて発表しています。 「Vidbas…
生分解性マグネシウム合金を利用した医療機器を開発する「メルフロンティア」が1.4億円調達
2020年10月16日、メルフロンティア株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自技術による生分解性マグネシウム合金を利用した、各種医療機器を開発しています。 …

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ