注目のスタートアップ

新規事業開発支援の「本気ファクトリー」が1億円調達 新規事業担当者育成eラーニング「だれでも新規事業つくれるカレッジ」をリリース

company

2022年12月20日、本気ファクトリー株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、新サービス「だれでも新規事業つくれるカレッジ」をリリースしたことも併せて発表しました。

本気ファクトリーは、新規事業開発支援、広報支援、デジタルマーケティング企画・制作・運用を手掛けています。

「だれでも新規事業つくれるカレッジ」は、企業内の新規事業担当者向けeラーニングサービスです。

世界の新規事業の専門家が考案したセオリーと、本気ファクトリーが培ってきた新規事業開発の知見を組み合わせたeラーニングサービスです。

新規事業立ち上げに必要なマインドセットから実践まで学ぶことができます。

1講座あたり5〜10分程度の動画でいつでも・どこでも学ぶことが可能で、講座前後の確認テスト・ワークによってアウトプットを行うことで、思考力の強化・知識定着を促します。

さらに、事業開発の専門家による伴走支援・アドバイスも提供します。

新規事業開発は、現在の事業とは別の収益を得るため、将来の経営者候補を育てるためなど、企業において重要な取り組みのひとつです。

すべての事業にはいつか必ず衰退期が訪れます。近年は社会の変化が激しく、消費者のニーズの移り変わりも激しくなり、プロダクトライフサイクルが短くなっています。

こうした社会の変化を受け、企業の持続的な発展を目的とした新規事業開発の重要性も高まっています。

しかし新規事業開発にはさまざまな課題が立ちはだかります。とくに大きな課題として、新規事業開発に強みを持つ人材が不足していることが挙げられます。

多くの場合、優れた人材というのは経験を持つ人材なのですが、企業において新規事業を立ち上げることはあまりないことであるため、人材・組織に新規事業開発の知見は蓄積されていません。

そのため新規事業開発においては、ノウハウを提供してくれるコンサルティング会社の力を借りたり、新規事業開発のための人材育成を行ったりする必要があります。

本気ファクトリー株式会社のコメント

このニュースを受けまして、本気ファクトリー株式会社 代表取締役 畠山和也氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

下記3点と考えております。

①多数の新規事業開発を支援者・当事者の両方での経験をもとに制作されており、実践で役立つノウハウが提供されている
②1本5分~10分というショート動画で構成されており、多忙な新規事業担当者のスキマ時間に閲覧できるよう作られている
③単純な知識を確認する「理解度テスト」、ネット検索で調べるだけで回答できる「ノーマルワーク」、自分の事業を考える「ハードワーク」とステップアップして取り組むことで事業案を考えられる構成になっている

・今後の展望を教えてください。

今年度中の目標は本サービスの導入50社及び、本サービスを利用して作られたプロダクト・サービスのリリースです。

また、長期目標としては今回の企業内起業だけでなく、すでにリリースしている個人での独立を支援する「イチから起業オンライン」やスタートアップ向け、学生向けも展開し、だれでも意思と努力しだいで起業家として成功できる「起業の教習所」プラットフォームの構築を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

よく誤解されていますが本来、新規事業開発や起業は「一部の特殊な人達」のみが成功できるものではありません。

自動車の運転のように自らの試行錯誤だけではなかなか、身につけるのが難しいのは事実ですが、適切なメソッドの元、適切に取り組めば大半の方にとって実行可能な仕事です。

少しでも興味があれば、企業内起業・独立起業問わず、一緒に事業開発に取り組みましょう。

企業を成長させるには人材の教育が重要です。eラーニングも効果的な方法ですが、読書もコストパフォーマンスに優れた学習方法のひとつです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eラーニング 勉強 動画 学習 新規事業 新規事業開発 本気ファクトリー 株式会社 立ち上げ 講座 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

難発現性タンパク質を大量生産できる生産プラットフォームを展開「KAICO」が資金調達
2020年5月26日、KAICO株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 九州大学のオリジナル・カイコを利用しカイコ・バキュロウイルス発現法により、生医療用研究試薬やワクチン、診断薬などの大…
医療支援クラウドサービス「LOOKREC」を提供する「エムネス」が「アイテック阪急阪神」と資本業務提携
2023年10月16日、株式会社エムネスは、アイテック阪急阪神株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 エムネスは、医療支援クラウドサービス「LOOKREC」の提供や、医療機関や健診機…
「Chatwork」と「OLTA」が業務提携 「Chatwork 早期入金 powered by OLTA」をリリース
2019年12月5日、OLTA株式会社と、Chatwork株式会社は、業務提携契約を締結したことを発表しました。 これにより、Chatworkが提供するビジネス・チャット・ツール「Chatwork」に…
「Skyland Ventures」が人材紹介ビジネスに特化したクラウド求人データベース「agent bank」などを展開する「ROXX」の資金調達ラウンドに参加
2023年2月16日、スカイランドベンチャーズ株式会社は、株式会社ROXXの資金調達ラウンドに参加し、追加投資を実施したことを発表しました。 ROXXは、人材紹介ビジネスに特化したクラウド求人データベ…
ドローン搭載用レーザースキャナーなどを手掛ける「amuse oneself」が10億円調達
2022年11月29日、株式会社amuse oneselfは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 amuse oneselfは、ドローン搭載用レーザースキャナーシステム「TDOT…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】