注目のスタートアップ

バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite』に特化したメタバース制作スタジオ「NEIGHBOR」が資金調達

company

2022年12月6日、株式会社NEIGHBORは、資金調達を実施したことを発表しました。

NEIGHBORは、バトルロイヤルTPSゲーム『Fortnite(フォートナイト)』上にメタバース空間を制作するクリエイティブスタジオ事業を展開しています。

『Fortnite』のクリエイティブ機能を利用し、都市のメタバース化や、オリジナルゲームの開発、新商品の3Dモデルの制作・メタバースを使った商品PRなどを行っています。

制作実績
・EXILE 関口メンディー氏の絵本「ひらいたトコロのミラランド」のメタバース
・Testosterone氏と共同開発した筋トレ強制メタバース「TOKYO WORKOUT DEATHRUN」
・けんすう氏のキャラクター「ロケスタくん」を起用した「AI ロケスタくん」

今回の資金は、事業拡大のための人材獲得、採用・組織体制の強化、クリエーター支援、オリジナルメタバース空間の開発などに充当します。

メタバース(Metaverse)とは、大雑把にいえばインターネット上に構築された仮想空間のことを指します。通常の仮想空間よりも大規模で自由度が高いことを特徴としています。

メタバースはビジネスにおいてもすでに活用されており、大規模な商談会や、ライブエンターテインメントなどの例があります。

また、エンターテインメントの領域ですでに数多くのメタバースが誕生しており、そこから派生する形でアバター(自身の分身となる3Dモデル)の売買やカスタマイズなどメタバース特有の文化・経済圏も生まれています。

『Fortnite』はオンラインバトルロイヤルTPSゲームなのですが、ゲーム内のイベントとして音楽ライブを開催するなど、仮想空間の活用、メタバースとしての拡張を目指しています。

もともと人気ゲームだったこともあり、総ユーザー数は3.5億人超、月間アクティブユーザー数はピーク時で6,200万人というユーザー数を誇る、世界でも屈指の仮想空間のひとつとなっています。

『Fortnite』には、ユーザーがオリジナルのコースや建物を作れるクリエイティブモードという機能が実装されており、ユーザーが作ったさまざまなクリエイティブマップが公開されています。

株式会社NEIGHBORのコメント

このニュースを受けまして、株式会社NEIGHBOR 代表取締役 川本龍氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

・ランニングコスト
・人材獲得
・開発費

この3つが主になります。利益よりはいまは売上と実績作りなので、資金調達で前のめりで開発できる環境を作っております。

・今後の展望を教えてください。

メタバース時代の巨大IP企業を目指します。「メタバースの人気コンテンツは、どれをみても日本製だよね。NEIGHBORが作ってるよね」というポジションを目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

メタバースは「来るか」「来ないか」の議論は終わっていて、若者たちの文化にはすでにメタバースは根付いています。若者だけにとどまらず拡大していくのは間違いないです。海外ではメタバースの活用は始まっています。日本もグローバルに目を向けてメタバース時代で勝ちましょう!

ビジネスを成長させるには戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI ロケスタくん Fortnite NEIGHBOR クリエイティブ ゲーム スタジオ フォートナイト メタバース 制作 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

美容電動アイクリームブランドを運営する「LOWAN」が1,500万円調達
2022年11月16日、株式会社LOWANは、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 LOWANは、美容電動アイクリームブランド「LOWAN(ロワン)」を展開しています。 ヒト幹細胞培…
旅行に関するオフライン体験をDXするシステムなどを提供する「aipass」が2億円調達
2022年10月26日、aipass株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社Coral Capitalと栖峰投資ワークス株式会社です。 aipassは、旅行に…
ECサイトに延長保証を提供するサービス「proteger」を展開する「Kiva」が4.5億円調達
2022年12月7日、株式会社Kivaは、総額約4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Kivaは、ECサイトに最短即日で延長保証を提供するサービス「proteger(プロテジャー…
プラスチックの革新的なリサイクルソリューションを提供する「esa」が2.6億円調達
2022年9月28日、株式会社esaは、総額2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、京都大学の認定ファンド運営事業者の、みやこキャピタル株式会社が運営するファンドです。 …
精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービスを開発する「Medi Face」が3,100万円調達
2022年7月1日、株式会社Medi Faceは、総額約3,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Medi Faceは、精神疾患・メンタルヘルスのAI診断サービス「Medi Face」を…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ