注目のスタートアップ

不動産売買に特化した電子契約サービス「Release」などを展開する「GOGEN」が3億円調達

company

2022年12月1日、GOGEN株式会社は、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

GOGENは、不動産売買に特化した電子契約サービス「Release(レリーズ)」や、手付金が不要となる住宅購入支援サービス「ゼロテ」を提供しています。

「Release」は、不動産売買における契約関連業務の機能をワンストップで提供し、案件の登録から引き渡しまでの不動産売買にかかる一連の取引フローをカバーする電子契約・契約書管理サービスです。

国土交通省の規定・マニュアルに完全対応している点、不動産業務に最適化された機能、顧客専用のマイページにより契約の事前案内から契約書の受け渡しまでを行える点などを特徴としています。

サービス内の電子署名機能は「クラウドサイン」「SMBCクラウドサイン」とのAPI連携で提供しています。

今回の資金は、「Release」を不動産取引プラットフォームとして発展させるための開発強化、人材採用などに充当する予定です。

契約は、不動産業界だけでなくすべての企業運営において重要な業務のひとつです。

そして契約書業務は、1枚ごとの押印・適切な保管・印刷・郵送などの多くの手間がかかっており、効率化のニーズが高い業務といえます。

とくに不動産取引においては、取引の複数の段階において契約書が必要となるため非常に多くの手間がかかっています。

不動産業界では、2022年5月18日に施行された宅地建物取引業法の一部改正により、重要事項説明書などへの押印が不要、書類・契約書の電子交付が可能となり、ようやく不動産取引の電子契約が本格化しています。

この一部改正は、不動産業界にとってデジタル化に取り組む大きな機会となっています。

GOGENは、こうした状況の中、不動産売買にかかる一連の取引フローをカバーする電子契約・契約書管理サービス「Release」を提供し、不動産業界のデジタル化に貢献しています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GOGEN Release ゼロテ レリーズ 不動産 住宅購入支援 取引 売買 契約 契約書 株式会社 管理 資金調達 電子契約 電子署名
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産向けマーケティングオートメーションツール開発の「Cocolive」が1億円調達!
平成30年11月1日、Cocolive株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産販売・工務店に特化したマーケティングオートメーションサービス「KASIKA」を提供しています…
動物病院向けの細胞治療・再生医療導入支援事業を展開する「J-ARM」と「ロート製薬」が資本業務提携
2023年1月26日、株式会社J-ARMは、ロート製薬株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 J-ARMは、動物病院向けの細胞治療・再生医療導入支援事業を展開しています。 現行の薬事…
ローカル・ビジネス向け顧客獲得支援の「Zehitomo」が8.2億円調達
株式会社Zehitomoは、総額8億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業をつなげる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼ…
VR向けアバター販売・改変プラットフォーム開発の「ポリゴンテーラー」が資金調達
2022年2月21日、株式会社ポリゴンテーラーと、株式会社ポリゴンテーラーコンサルティングは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ポリゴンテーラーは、アバター販売・改変プラットフォーム…
AI映像対話システム「Talk With」開発・提供の「シルバコンパス」が1億円調達
2022年5月31日、株式会社シルバコンパスは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 シルバコンパスは、AI映像対話システム「Talk With」を開発・提供しています。 AIと映像を組…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ