注目のスタートアップ

プロジェクションマッピングなどデジタルコンテンツ事業を展開する「一旗」が「テレビ愛知」から資金調達

company

2024年7月1日、株式会社一旗は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、テレビ愛知株式会社です。

一旗は、デジタルコンテンツ事業や、デジタルコミュニケーション事業を展開しています。

デジタルコンテンツ事業では、プロジェクションマッピング、イマーシブミュージアム、3Dプロジェクションショー、3DCGアニメーション、VR/AR/メタバースなどのデジタルコンテンツのプロデュース・総合演出として、地方自治体や大手企業などさまざまなクライアントを対象にサービスを提供しています。

デジタルコミュニケーション事業では、プロモーションムービーや、ブランディング、キャンペーン、PRなどのコミュニケーション戦略全般を提供しています。具体的には、観光プロモーションムービーや、移住促進ムービー、アーティストのミュージックビデオなど、映像技術を活かしたコンテンツの企画制作を行っています。

テレビ愛知とは、2023年夏に「空間体感!動き出す浮世絵展 NAGOYA」を共同で企画制作し、浮世絵の世界に没入できる体感型デジタルアートミュージアムを展開しました。

今回の出資により、両社が連携して革新的な映像表現を追求し、斬新なデジタルアート空間を創出するなど、今後の両社の業務に大きなシナジーを生み出していく計画です。


近年、エンターテインメントや観光の領域では、体験型コンテンツの注目が高まっています。

体験型コンテンツとは、インタラクティブな体験やコンテンツへの没入を通して、消費者に体験を提供するコンテンツのことです。具体的には、作品の中に入り込んだり身体性が意識されるミュージアムや、触れた場所がインタラクティブに動くプロジェクションマッピング、焼き物体験といった文化体験などが挙げられます。

とくにプロジェクションマッピングなど、映像技術とテクノロジーを活用したデジタルコンテンツは集客力が高く、高い注目を集めています。

こうした状況下で一旗は、デジタル技術と文化観光資源を活かしたデジタルコンテンツのプロデュースを行っています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB XR イマーシブ イマーシブミュージアム エンターテインメント クリエイティブ コミュニケーション コンテンツ デジタルアート デジタルコンテンツ テレビ愛知 プロジェクションマッピング 一旗 動画 映像 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ネストエッグ」が運営する貯金アプリ「finbee」が「ゆうちょ銀行」と連携開始
2023年5月26日、株式会社ネストエッグは、運営する自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」において、2023年5月29日から、株式会社ゆうちょ銀行参照系APIを活用した口座連携を開始することを…
プロバイオティック医薬品を開発する旭川医科大学発ベンチャー「カムイファーマ」が6.5億円調達
2022年7月26日、カムイファーマ株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 カムイファーマは、旭川医科大学とサッポロホールディングス株式会社から「プロバイオティクス…
視線計測型VR検査機器を開発する「ニューラルポート」が資金調達
2022年4月15日、株式会社ニューラルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学発の研究開発型スタートアップで、視線計測型VR検査機器の開発を行っています。 心理・精神科の領域におい…
不動産仲介業者向けDXツール「速いもんシリーズ」を提供する「iimon」が4億円調達
2022年7月28日、株式会社iimonは、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ファブリカコミュニケーションズです。また、ファブリカコミュニケーションズとは業務提携契約を…
「TYL」が獣医師往診サービス「anihoc」をリリース
2021年5月19日、株式会社TYLは、2021年5月19日から「anihoc(アニホック)」の提供を開始することを発表しました。 「anihoc」は、獣医療を自宅や専用の往診社内で提供する、獣医師往…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】