注目のスタートアップ

「NECネッツエスアイ」が蓄電池/蓄電池システムを開発・提供する「CONNEXX SYSTEMS」の株式を取得・業務提携

company

2022年11月15日、NECネッツエスアイ株式会社は、CONNEXX SYSTEMS株式会社の株式を取得し、業務提携契約を締結することに合意したことを発表しました。

CONNEXX SYSTEMSは、産業用蓄電システム、家庭用蓄電システムなどを開発・提供しています。

種類の異なる蓄電池を一体化することで各蓄電池の特性を活かし性能を向上させられるハイブリッド蓄電池などの独自技術を保有しています。

また、固体酸化物型燃料電池(SOFC)と鉄-空気電池とを融合した高温作動型の全固体蓄電池「SHUTTLE Battery」や、炭素負極の3倍の容量を実現する新しい負極材「Silicon-Carbon Composite(SCC)」の開発にも取り組んでいます。

NECネッツエスアイとは、2020年12月から、産業用中型蓄電システム「BLP」に関する協業を行っており、両社の強みを生かした販売活動・サービス開発を展開しています。

今回の株式取得・業務提携により、さらなる共創を通じ、蓄電池を軸としたエネルギー事業を強化します。具体的には、PPAやまちづくり領域への本格的な事業展開を行う予定です。

充電することでくり返し使える電池であるリチウムイオン電池は、現在、スマートフォン・パソコン・電気自動車(EV)などさまざまな電気製品に利用されています。

リチウムイオン電池は他の二次電池(充電することでくり返し使える電池)と比べて、小型・軽量・長寿命・高電圧などのメリットがあり、爆発的に普及していきました。

一方、リチウムイオン電池には、過充電や外部からの衝撃によって破裂・発火する可能性があること、リサイクル体制が確立されていないことなどの課題を抱えています。

また情報機器・自動車ではリチウムイオン電池の高容量化が求められているのですが、近年はその容量については理論的な限界にきているといわれています。

さらに近年は脱炭素化の推進もあり太陽光発電などの再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが進んでいますが、再生可能エネルギーは発電量が一定でないため、電気を貯めて必要な時に利用するための蓄電池が必要です。

CONNEXX SYSTEMSはこうした状況の中、蓄電池に関する技術を活用した蓄電池システムの提供や、革新的な電池の開発などに取り組んでいます。

企業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CONNEXX SYSTEMS NECネッツエスアイ SHUTTLE Battery ハイブリッド蓄電池 全固体蓄電池 全固体電池 蓄電池 蓄電池システム 負極材
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

高度な蓄電池制御技術を保有する「NExT-e Solutions」が「大阪ガス」と資本業務提携
2022年9月14日、NExT-e Solutions株式会社は、大阪ガス株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 NExT-e Solutionsは、独自の蓄電池の制御技術(BMS…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が3.6億円調達
2022年8月19日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、全国の地銀系ベンチャーキャピタル複数社です。 また、直近では、2022…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が12.3億円調達
2022年5月18日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額12億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、直近では、2022年4月8日に総額40億円の資金調達を発表しています。 …
EVシェアリングサービスやEV蓄電池を活用したエネルギーマネジメント事業展開の「REXEV」が6.3億円調達
2021年10月13日、株式会社REXEVは、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小田原・箱根を中心としたe-モビリティ特化型シェアリングサービス「eemo(イーモ)」や…
電気自動車を活用した電力需給調整システム開発の「REXEV」が7.4億円調達
2020年12月21日、株式会社REXEVは、約7億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気自動車(EV)を活用した電力需給調整システムの開発や、EV特化型カーシェアリング「eem…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ