注目のスタートアップ

体験型デジタルスポーツフィールド「スポーツ60&スマート」を展開する「エアデジタル」が建設会社「安藤・間」による出資受け入れ

company

2022年11月15日、エアデジタル株式会社は、株式会社安藤・間による出資を受け入れたことを発表しました。

エアデジタルは、体験型デジタルスポーツフィールド「スポーツ60&スマート」(埼玉県久喜市)や、国内外からのデジタルスポーツの調達とそのカスタマイズ、デジタルスポーツ施設の開発、デジタルスポーツマシンの導入などを展開しています。

主にプロジェクタースクリーンを利用したスポーツシミュレーターを取り扱っており、「スポーツ60&スマート」では、2022年11月現在、10種ほどの体験型デジタルスポーツマシンが稼働しています。

商業施設の空きスペースを活用し、デジタルスポーツによるフレイル(虚弱)予防や運動習慣化プログラムの提供により、デジタルを活用した健康増進を形にしていくことを目指しています。

今回の安藤・間(安藤ハザマ)からの出資受け入れにより、「スポーツ60&スマート」において、中高年高齢者の健康維持やフレイル予防を実現するため、サービス開発と収益基盤の強化を進めていきます。

スポーツは、心身の健康の保持・増進のためにも重要であり、健康的な社会を実現するためにも必要不可欠なものです。

国内の国民医療費は年間約42兆円に達しており、これまでの何かあったら病院に行くという考えではなく、病気にかからないよう健康増進につとめることが必要であるとされています。

一方、スポーツを始めるには道具などが必要となるほか、専用の場所も必要です。

スポーツ施設の多くは有料であり、広い場所や芝の手入れなどが必要となるスポーツ設備の使用料は高額となり、日常的に利用できる場所ではありません。

こうした状況の中、コロナ禍による屋内でのスポーツ需要も高まったこともあり、プロジェクタースクリーンを活用した体験型スポーツマシンに注目が集まっています。

体験型スポーツマシンは、センサーなどを活用することでボールなどの動きをシミュレーションし、スクリーン上に反映することで、スポーツを体験できる仕組みです。

ゴルフ、野球、サッカー、アーチェリーなどさまざまなスポーツがあり、さらにスペースもそれほど必要とせず、安全性もある程度コントロールできることから、全国の大型商業施設などに導入される事例も増えています。

他社との協業・連携では自社にはないリソースを活用できるため、事業の大きな成長の可能性があります。「冊子版創業手帳」では、協業・連携できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウェルネス エアデジタル ゲーム シミュレーション シミュレーター スクリーン スポーツ スポーツ60&スマート フレイル予防 健康 健康増進 安藤・間 安藤ハザマ 施設 株式会社 次世代 資金調達 高齢者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIとFintechの「MILIZE」が無料の金融商品見直しWebサービス「YOSHINANI(見直し)」β版をリリース
2022年10月12日、株式会社MILIZEは、「YOSHINANI(見直し)」のβ版をリリースしたことを発表しました。 「YOSHINANI(見直し)」は、無料の金融商品見直しWebサービスです。 …
半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…
株式会社ファイレスキュー 飯田大貴|投てき型消火器の事業展開が注目の企業
投てき型消火器の事業展開で注目なのが、飯田大貴さんが2015年に創業した株式会社ファイレスキューです。 日本での火災件数は年々減少傾向にあるものの、一日当たり約95件の火災が発生しています。そのうち住…
ポータブル空気清浄機・加湿器などの「カドー」が資金調達
2019年11月1日、株式会社カドーは、資金調達を実施したことを発表しました。 ポータブル空気清浄機「LEAF-Portable」や、ポータブル加湿器「STEM Portable」、加湿器「STEM …
「バカン」がオフィス向けコミュニケーション促進サービス「Keeple」をリリース
2022年2月4日、株式会社バカンは、東日本電信電話株式会社との共同検討による新サービス「Keeple(キープル)」の提供を開始することを発表しました。 「Keeple」は、オフィス向けコミュニケーシ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ