注目のスタートアップ

生活に溶け込むスマートホーム製品を展開する「mui Lab」が3億円調達

company

2022年11月11日、mui Lab株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

mui Labは、ユビキタスコンピューティングの祖であるマーク・ワイザー氏が提唱した設計思想であるCalm Technology (カーム・テクノロジー:穏やかな情報技術)と日本的な美意識を融合させたデジタルテクノロジーの設計・実装を行っています。

天然木のタッチパネルディスプレイ(スマートホームハブ)「muiボード」や、ペンタブレット製品を展開する株式会社ワコムと共同開発した、落書きや身長をクラウドに保存しいつでも呼び出せる木の柱「柱の記憶」、JIBUN HAUS.株式会社と共同開発した生活に溶け込むテクノロジーを活用した住宅「muihaus.(ムイハウス)」などのプロダクトを展開しています。

「muiボード」は、国際的なスマートホームの規格「Matter」に対応した第2世代を2023年にリリースすることを予定しています。

今回の資金は、スマートホーム領域におけるソフトウェア開発人材の積極的な採用、パートナー企業との提携、製品・サービス開発に充当します。

デジタル製品・情報端末は無機質な設計になってしまうことが多いのですが、そうした無機質さが人間の集中力などを奪ってしまっており、もっと生活に溶け込み、テクノロジーを自然に使える状況をつくる必要があるという考えを抱く人が増えています。

カーム・テクノロジーは、こういった生活に溶け込む情報技術の設計思想です。

mui Labは、この設計思想をベースに、「環境に溶け込む」「身体性を伴う相互作用」「情緒的な体験を提供」するUIである「Calm UI」を構築し、スマートホームハブなどのデジタル機器を開発・提供しています。

たとえば提供する「muiボード」は、住宅に複数導入されたスマートホーム製品を1か所で操作できるスマートホームハブです。その見た目は一枚の横長の木の板という特徴的なものです。

木の板の表面にシンプルなアイコンが表示され、それをタッチしたり、Amazon Alexa経由で指示することでスマートホーム製品の操作を行うことができます。

また「muiボード」そのものにも、時計・カレンダー・タイマー・天気予報・メール・ボイスメール・照明コントロールなどの機能が搭載されています。

見た目的にも住宅と調和するほか、本物の天然木を触るというインターフェースは温かみを感じられます。

スマートホームは、住宅におけるエネルギーの利用を効率化するものとしても重要であり、将来的には多くの住宅がテクノロジーによって統合管理されることが予測されています。

カーム・テクノロジーは、この新たな時代において、より自然にテクノロジーを取り入れるものとして広まっていく可能性があります。

mui Lab株式会社のコメント

このニュースを受けまして、mui Lab株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

人材雇用、研究開発への投資。

・今後の展望を教えてください。

世界中のスマートホームの体験を穏やかで温かいものにすることと、喫緊の課題であるエネルギーマネジメントを通じた地球課題への貢献などです。

・読者へのメッセージをお願いします。

mui Labは、人と自然とテクノロジーの調和を目指し、カームテクノロジーの理念を応用して、スマートホームにおける人と情報技術の接点を穏やかにする「Calm UI」を適応した技術開発を行っています。

穏やかな暮らしが求められる家の中では過多な情報を避け、家族同士がつながるような温かなインターフェースをデザインし、テクノロジーの存在を消してそっと佇み、人の心に寄り添うスマートホーム体験を提供しております。ぜひご支援を、よろしくお願いいたします!

企業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ mui Lab muihaus. muiボード カーム・テクノロジー スマートホーム テクノロジー ムイハウス 住宅 柱の記憶 株式会社 生活 設計思想 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業向け異常検知AIソフトウェアを提供する「アダコテック」が4.2億円調達
2022年7月28日、株式会社アダコテックは、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年4月27日には、総額11億円の資金調達の実施を発表しています。 アダコテッ…
NFT販売サービス「HEXA」運営の「メディアエクイティ」がデジタルマーケティングの「クラウドサーカス」と資本業務提携
2021年12月20日、メディアエクイティ株式会社は、クラウドサーカス株式会社と資本業務提携を行うことを決定したことを発表しました。 メディアエクイティは、NFT販売サービス「HEXA(ヘキサ)」を運…
お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」など運営の「400F」が1.6億円調達
2021年7月13日、株式会社400Fは、1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ベンチャーキャピタルのSkyland Venturesです。 お金のオンラインチャット相…
インフルエンサー・マーケティングの「Natee」が1.2億円調達
2020年11月9日、株式会社Nateeは、資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発のデータ分析システムをコアとし、若者に特化したマーケティング事業や、インフルエンサー・マーケティング事業、タ…
福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」など運営の「ベター・プレイス」が5.4億円調達
2021年12月22日、株式会社ベター・プレイスは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 福祉業界向け確定給付型年金制度「福祉はぐくみ企業年金基金」の委託運営・導入支援や、福…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ