D2CブランドやD2Cソリューション事業を展開する「Brandit」がブランドプロデュース事業を展開する「DiGG」と資本業務提携

tips

2022年6月1日、株式会社Branditは、株式会社DiGGと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、DiGGの代表取締役である江藤倫寿氏を、Branditの執行役員CMO(最高マーケティング責任者)に招聘したことも併せて発表しています。

Branditは、自社生産/自社ECにてディレクターを起用したD2Cブランド「TRUNC 88」・「Vicente」・「WM」の展開や、生産から物流までをワンストップで提供するBtoB向けのD2Cソリューション事業「BRANDIT」の展開を行っています。

DiGGは、ファッションやエンターテインメント領域を中心に、ブランディング・プロデュース事業を展開しています。

今回の提携により、広告配信などのプロモーション施策や、Instagramなどのインフルエンサーマーケティングの支援による売上拡大の支援を提供します。

自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるD2C(Direct to Consumer)モデルは、様々な領域に広がりをみせています。

D2Cでは、こだわりを強烈に反映させたプロダクトや独自の世界観を打ち出すブランド/スタートアップが多く、このこだわりに共感した消費者が増えたことでその市場が拡大しています。

また、D2Cは顧客との距離が近く、顧客のリアルな声を聞くことができるため、プロダクトやマーケティングの素早い改善につなげることができ、顧客と一緒にブランドをつくりあげていけることも魅力のひとつです。

そのためD2Cではファンの存在を重視しており、SNSマーケティングや、インフルエンサーマーケティングにおいても、ファンとの関係を深めていくような施策が重要となります。

インフルエンサーマーケティングを実施するにあたっては、インフルエンサーは自分たちで見つけてコンタクトをとることも可能ですが、自社企業・ブランドにマッチしたインフルエンサーを探すのは一苦労でもあります。そのためインフルエンサーマーケティング支援を展開する企業の力を借りることも選択肢のひとつでしょう。

D2Cの盛り上がりもあり、これからのプロダクト開発やマーケティングではインターネットやSNSの活用は欠かせないでしょう。「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、ネット通販のはじめ方、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Brandit D2C DiGG EC Instagram TRUNC 88 Vicente WM インフルエンサー エンターテインメント ソリューション ブランド プロデュース プロモーション マーケティング 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

研究開発や予防医学と運動を複合的に提供するフィットネスジムを展開する「ORKAホールディングス」が資金調達
2022年6月10日、ORKAホールディングス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ORKAホールディングスは、「運動介入によるホルモン増加の報告」「発育期の運動が身体発育に及ぼす影響」…
月極駐車場管理SaaS「Park Direct」運営の「ニーリー」が19.4億円調達
2022年4月6日、株式会社ニーリーは、総額19億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ニーリーは、月極駐車場管理SaaS「Park Direct(パークダイレクト)」を運営していま…
家族の自然な日常を動画で残す「きづなFilm」プロジェクトがスタート
2022年1月31日、株式会社ai moveは、「きづなFilm」プロジェクトをスタートしたことを発表しました。 「きづなFilm」は、家族の自然な姿とメッセージを映像に残し、将来親から子にプレゼント…
不動産オーナーと管理会社をつなぐ業務支援システム「WealthParkビジネス」など提供の「WealthPark」が25億円調達
2021年3月22日、WealthPark株式会社は、25億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社です。 不動産オーナーと管理会社を…
標的タンパク質分解誘導剤開発の「ファイメクス」が11.75億円調達
2022年1月24日、ファイメクス株式会社は、総額11億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 標的タンパク質分解誘導薬の開発と、標的タンパク質分解誘導薬の創薬プラットフォーム「RaP…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ