注目のスタートアップ

「HOLDER」が5,000万円調達 1日オフィス予約サービス「SPOT」をリリース

company

2022年9月30日、HOLDER株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「SPOT」をリリースしたこと、100%出資子会社の不動産関連会社であるHOLDERマーケティング株式会社を2022年8月1日から本格始動したことも併せて発表しています。

「SPOT」は、都内を中心とした一等地の空室をリノベーションし、1日貸し(最低3時間から)のセットアップオフィスとして貸し出すサービスです。

コーヒー・水などのドリンク、プロジェクター、複合機、Wi-Fi、オフィスチェア、文房具、その他備品など、ビジネスに必要なものを無料で提供しています。

2022年10月現在、「SPOT虎ノ門ヒルズビジネスタワーサイド」を運営しています。

2022年内に新宿・六本木・神保町の計4拠点に展開する予定です。

子会社・HOLDERマーケティングを通じ、グループ内で物件調達を行うことで、積極的な事業拡大を図る計画です。

今回の資金は、「SPOT」事業の拡大や、不動産領域で価値提供ができる新サービスの準備などに充当します。

近年、企業・個人事業主の多様なニーズに応えるため、さまざまな種類のオフィスが提供されるようになっています。

一般的な賃貸オフィスから、オフィスに必要な家具・備品を設置し1部屋単位で短期間借りられるレンタルオフィス、共有のワークスペースを利用できるコワーキングスペースなどさまざまです。

とくにレンタルオフィスやコワーキングスペースなど柔軟に利用できるオフィスは、コロナ禍によってオフィスの分散を図りたい企業などで活用されることが増加しました。

また、起業準備中の起業家や、起業直後などでは、それほど大きなオフィスを必要としないため、レンタルオフィスやコワーキングスペースを利用し、企業の成長に応じて賃貸オフィスへと乗り換えるという使い方をすることも一般的となっています。

さらにレンタルオフィスにおいてもニーズが多様化しており、従来は数か月単位での契約だったものが、近年は1日・数時間といったごく短期間の利用ができるサービスも登場しています。

こうした短期間のレンタルオフィスは、会議、社内イベント、勉強会、オフィスシーンの撮影などで利用されています。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HOLDER HOLDERマーケティング SPOT オフィス スペース セットアップオフィス レンタルオフィス 予約 株式会社 空間 資金調達
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
「コラビット」が不動産査定書を最短45秒で作成できる新サービス「AI査定プロ」をリリース
2022年7月14日、株式会社コラビットは、新サービス「AI査定プロ」の提供を開始したことを発表しました。 「AI査定プロ」は、不動産査定書を最短45秒で作成できるサービスです。 不動産鑑定評価基準に…
AIを用いたケアマネジメント支援サービス「SOIN」が業務支援システム「ほのぼのNEXT」と連携
2020年12月7日、株式会社シーディーアイは、エヌ・デーソフトウェア株式会社の「ほのぼのNEXT」の「在宅ケアマネジメント基本システム(AI)」に、「SOIN(そわん)」の提供を開始したことを発表し…
LINEからハイヤーを呼べる「VIPハイヤー配車」を運営する「ライトマークス」が1億円超調達
2022年5月19日、株式会社ライトマークスは、1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、本田圭佑氏が手がける個人ファンド「KSK Angel Fund LLC」です。 ライトマーク…
スリープテック事業の「ニューロスペース」が1.7億円調達
2019年7月8日、株式会社ニューロスペースは、1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先である、SOMPOホールディングスグループ各社と、高齢者の健康と睡眠の関係についての共…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ