注目のスタートアップ

「HOLDER」が5,000万円調達 1日オフィス予約サービス「SPOT」をリリース

company

2022年9月30日、HOLDER株式会社は、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「SPOT」をリリースしたこと、100%出資子会社の不動産関連会社であるHOLDERマーケティング株式会社を2022年8月1日から本格始動したことも併せて発表しています。

「SPOT」は、都内を中心とした一等地の空室をリノベーションし、1日貸し(最低3時間から)のセットアップオフィスとして貸し出すサービスです。

コーヒー・水などのドリンク、プロジェクター、複合機、Wi-Fi、オフィスチェア、文房具、その他備品など、ビジネスに必要なものを無料で提供しています。

2022年10月現在、「SPOT虎ノ門ヒルズビジネスタワーサイド」を運営しています。

2022年内に新宿・六本木・神保町の計4拠点に展開する予定です。

子会社・HOLDERマーケティングを通じ、グループ内で物件調達を行うことで、積極的な事業拡大を図る計画です。

今回の資金は、「SPOT」事業の拡大や、不動産領域で価値提供ができる新サービスの準備などに充当します。

近年、企業・個人事業主の多様なニーズに応えるため、さまざまな種類のオフィスが提供されるようになっています。

一般的な賃貸オフィスから、オフィスに必要な家具・備品を設置し1部屋単位で短期間借りられるレンタルオフィス、共有のワークスペースを利用できるコワーキングスペースなどさまざまです。

とくにレンタルオフィスやコワーキングスペースなど柔軟に利用できるオフィスは、コロナ禍によってオフィスの分散を図りたい企業などで活用されることが増加しました。

また、起業準備中の起業家や、起業直後などでは、それほど大きなオフィスを必要としないため、レンタルオフィスやコワーキングスペースを利用し、企業の成長に応じて賃貸オフィスへと乗り換えるという使い方をすることも一般的となっています。

さらにレンタルオフィスにおいてもニーズが多様化しており、従来は数か月単位での契約だったものが、近年は1日・数時間といったごく短期間の利用ができるサービスも登場しています。

こうした短期間のレンタルオフィスは、会議、社内イベント、勉強会、オフィスシーンの撮影などで利用されています。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HOLDER HOLDERマーケティング SPOT オフィス スペース セットアップオフィス レンタルオフィス 予約 株式会社 空間 資金調達
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマート見守りプラットフォーム開発・提供の「otta」が資金調達
2021年12月10日、株式会社ottaは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、本田圭佑氏が率いるKSK Angel Fund LLCです。 スマート見守りプラットフォームを開発・運営し…
バーチャルオフィスやオンラインイベントに活用できるバーチャル空間提供の「oVice」が1.5億円調達
2021年5月11日、oVice株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。 見下ろし型の平面の空間にア…
生産者と外食産業をつなぐSNS&仕入れアプリ「フレマル」がリリース
2021年6月21日、株式会社スマイルファームは、「フレマル」を2021年6月18日にリリースしたことを発表しました。 「フレマル」は、生産者と外食産業をつなぐ食の総合プラットフォームです。 生産者は…
高校向けICTシステム「entli for School」や高校新卒採用支援サービス「entli for HRbiz」を提供する「ENTLI」が資金調達
2023年3月29日、ENTLI株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ENTLIは、高校向けICTシステム「entli for School」や、高校新卒採用支援サービス「entli f…
消費電力を削減する半導体技術「NanoBridge」を保有する「ナノブリッジ・セミコンダクター」が1.3億円調達
2022年7月21日、ナノブリッジ・セミコンダクター株式会社は、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ナノブリッジ・セミコンダクターは、2019年9月にNECの研究者が設立…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】