注目のスタートアップ

出張シェフサービスを運営する「シェアダイン」が資金調達

company

2022年9月21日、株式会社シェアダインは、資金調達を実施したことを発表しました。

シェアダインは、栄養士・調理師などの資格を持った食の専門家が出張シェフとして登録する出張シェフサービス「シェアダイン」を運営しています。

フリーランスの料理人という新たな働き方を創出・定着させることを目的に、シェフと依頼者、シェフと飲食店をつないでいます。

フリーランスシェフとして独立する際に障壁となる、独立直後の案件獲得・収入不安定を解消するため、2022年1月から、シェフとして登録後の2か月間の報酬を保証する“スポンサー制度”を開始しています。

今回の資金は、登録シェフの支援体制拡充を目的とした、カスタマーサクセス、マーケティング、開発体制の強化に充当します。

外食業界の市場規模は、人口減少や高齢化による食需要の縮小、長年の不景気、中食市場の拡大により、ピークだった1997年の約29兆円から徐々に規模が縮小し、ここ数年はほぼ横ばいで推移していました。

さらに、コロナ禍によって2020年と2021年は客数・売上ともに大きく落ち込んでいます。

こうした市場の変化により飲食店で活躍できる調理師の数も減少しています。

一方でコロナ禍では、フードデリバリーやテイクアウトに取り組む飲食店が増加しました。

さらに、フードデリバリーに特化したゴーストレストランや、顧客が指定する場所に行って調理する出張シェフサービスなど、新たな業態も拡大しています。

出張シェフサービスは、指定した場所に赴き、料理を提供するという点でケータリングと似ていますが、ケータリングは調理済みの料理を提供するのに対し、出張シェフサービスではその場で調理し、できたての料理を提供するという点で大きく異なります。

また、出張シェフサービスはその場で調理するという特性上、比較的少人数向けのサービスとなります。

出張シェフサービスは、近くに良いレストランがない、移動手段が車しかなくお酒が飲めない、移動が難しい高齢者にも高いクオリティの料理を振る舞いたいといったニーズに対応できます。

また、登録するシェフにとっても、自前で店舗を持つことなく自らのスキルを中心とした料理を提供できる、自由な働き方ができるといったメリットがあります。

「シェアダイン」は、家事代行サービスとしてではなく、シェフのキャリア支援プラットフォームとして成長を目指しています。

シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、飲食店の出店、資金調達、集客など、飲食店の開業に必要なノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ サービス シェアダイン シェフ フリーランス 出張 料理人 株式会社 独立 資金調達 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アプリコット・ベンチャーズ」と「デライト・ベンチャーズ」による社会人向け起業支援プログラム「Springboard 2021」 募集開始
2020年12月24日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、株式会社デライト・ベンチャーズと共に、「Springboard(スプリングボード)2021」を開催し、2020年12月24日(木)から開始…
在庫管理SaaS「ロジクラ」提供の「ニューレボ」が1.2億円調達
2020年1月15日、株式会社ニューレボは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫管理SaaS「ロジクラ」を開発・提供しています。 倉庫でのピッキングや、検品などの業務を…
空飛ぶクルマの運行サービスプラットフォームを開発する「エアモビリティ」が資金調達
2022年3月9日、エアモビリティ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。引受先は、日本特殊陶業株式会社です。 エアモビリティ(=空飛ぶクルマ)を、安全・容易・安価に航行・利用するためのサー…
再生可能エネルギーの導入・ 調達コンサルティングなどの「クリーンエナジーコネクト」が9.4億円調達
2021年12月13日、株式会社クリーンエナジーコネクトは、総額9億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再生可能エネルギーの導入・調達コンサルティング事業や、新規非FIT再エネ発電…
在留外国人向けプラットフォーム運営の「Guidable」が7,200万円調達
2019年9月26日、Guidable株式会社は、総額7,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在留外国人向けプラットフォーム「Guidable」を運営しています。 外国人向け求人サービ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ