注目のスタートアップ

NFT導入パッケージ「Spize+」を展開する「テコテック」が地図データ・位置情報ソリューションを展開する「ジオテクノロジーズ」と資本業務提携

company

2022年9月12日、株式会社テコテックは、ジオテクノロジーズ株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

テコテックは、ブロックチェーン事業や、NFT特化型SaaS「Spize」、NFT導入パッケージ「Spize」など、Web3領域の事業を展開しています。

ジオテクノロジーズは、カーナビや法人向け地図データ・位置情報ソリューションや、「トリマ」「MapFan」ブランドによる個人・法人向け地図サービスを提供しています。

今回の提携により、テコテックのブロックチェーン関連の技術力と、地図システム・属性情報データをかけ合わせ、新たなNFTサービス・ソリューションを提供します。

具体的には、「Spize」シリーズの追加機能として地図システムを追加し、新たなソリューションの提供を実施します。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することで、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

ブロックチェーンは取引を適切に記録しておくための分散型のデータベース技術です。

ブロックチェーンでは、あるデータが生まれてから誰かの手にわたるまでのすべての取引を追跡することが可能であり、これを活用することでNFTはデジタルデータの真正性を担保できます。

NFTによってデジタルコンテンツの健全な流通を実現できるため、将来的に多くのデジタルコンテンツはNFT化されると考えられています。

また、現在のインターネットは、特定の企業が個人情報を独占してしまうといったプライバシーの問題、企業の一存でユーザーの権利がコントロールされてしまうといった権利の問題などを抱えています。

ブロックチェーンはP2P通信、非中央集権型、高い改竄耐性などの特徴を有しています。インターネットの基盤として実装することで、これらの特徴を備えたインターネットを実現でき、既存のインターネットの課題を克服できると考えられています。

ブロックチェーンが基盤として実装された次世代のインターネットをWeb3といいます。

Web3では、コンテンツやクリエイター、その周辺に形成されるコミュニティなどが大きな影響力を持つことが想定されています。

インターネットの環境が大きく変化することになるため、企業ではWeb3を見据えた事業に取り組む動きが出てきています。

テコテックの「Spize」は、Web3領域、とくにNFT関連の事業・サービスに取り組む企業・個人を支援するソリューションです。

ブロックチェーンやAIなどの最新技術を活用したプロダクトの開発は、時代をリードできます。しかしこれらの技術は専門知識を必要とするため、優秀な人材を獲得する必要があります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NFT Spize Web3 ジオテクノロジーズ ソリューション データ テコテック パッケージ ブロックチェーン 位置情報 地図 導入 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が11/26に開催 受講者募集中
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2020年11月26日(木)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くため…
ゲノム・生体情報解析のトータルソリューション「Chrovis」を開発・提供する「テンクー」が7億円調達
2022年7月11日、株式会社テンクーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 テンクーは、ゲノム・生体情報解析のトータルソリューション「Chrovis」の開発とサービス提供を行っていま…
尿によるがんの早期発見技術を開発する「Craif」が資金調達
2022年4月12日、Craif株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせた独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」により、尿中に含まれ…
チーム・コミュニケーション解析「We.」開発の「Laboratik」が2.1億円調達
2020年3月10日、Laboratik株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 組織やチームのエンゲージメントをリアルタイム解析するサービス「We.」を開発・提供し…
クッキーレス広告「Candy」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2021年10月4日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 Cookieを参照しない次世代型のネット広告配信サービス「Candy」を運営しています。 独自開発の自然言語解析A…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ