「エデュコン」が書籍やデジタルコンテンツの著作権利用許諾の代行サービス「著作権処理代行サービス」をリリース

tool

2022年9月9日、株式会社エデュコンは、新サービス「著作権処理代行サービス」を2022年9月1日にリリースしたことを発表しました。

「著作権処理代行サービス」は、書籍やデジタルコンテンツの著作権利用許諾の代行サービスです。

独自のフォーマットに情報を入力することで、著作権の利用許諾に関して独自データベースから確認し、著作権許諾をスピーディに代行するサービスです。

対象は出版社など書籍やデジタルコンテンツを制作したい一般企業・個人を対象としています。

エデュコンはほかに、学習参考書・入学試験や模擬試験・映像教材・一般企業向け研修教材など、あらゆる教材の制作を手掛ける学習教材制作事業や教育映像コンテンツ制作事業などを展開しています。

小説、音楽、映像、絵画、新聞、雑誌などの著作物を自身の制作物の中などで使いたい場合は、使う際に著作権者に許可をとり、著作権使用料(印税)を支払う必要があります。

一方で、この許諾については作者ではなく出版社や権利団体が担っていることもあるため、著作物ごとに申請先を探す必要があります。これらを調べるのに時間がかかるため、一般的に1件の申請に1日かかるといわれています。

「著作権処理代行サービス」は、こうした著作物の利用許諾に関する申請を代行するサービスです。

利用する作品の情報と制作物の部数などの情報を提供するだけで、著作権処理が完了するまで代行してもらえるため、これまで時間がかかっていた著作権申請を大幅に効率化することが可能です。

株式会社エデュコンのコメント

このニュースを受けまして、株式会社エデュコンよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

GIGAスクール構想や、新型コロナ感染症の感染拡大に伴う企業のオンライン化により、かねてよりオンラインサービスを強みにしていた弊社は著作権処理代行の新サービスに踏み切りました。書籍だけでなく、デジタル領域の著作権処理を強みとしています。

・今後の展望を教えてください。

これからは、よりデジタル教育が加速すると考えられます。デジタル領域の著作権処理申請がスムーズにできるようになることで、デジタル教育の加速の促進に寄与できるよう努めたいと考えます。

・読者へのメッセージをお願いします。

企業の研修や資格試験など、映像教材やデジタル教材を利用する機会は、教育業界にかかわらず今後増加するでしょう。
その中で、著作権利用許諾が必要な際はぜひご相談ください。

著作権申請など自分でできるものの、膨大な時間がかかってしまう作業はいくつもあります。とくに創業期はリソースが不足しているため、こうした作業は外部に委託し効率化することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ エデュコン コンテンツ デジタル 代行 代行サービス 出版社 制作 学習教材 教材 新サービス 書籍 株式会社 著作権
詳細はこちら

【新サービス】書籍やデジタルコンテンツの著作権利用許諾の代行サービス「著作権処理代行サービス」をリリース

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

農業における運搬を担う自律走行ロボットを開発する「輝翠TECH」が資金調達
2022年9月26日、輝翠TECH株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 輝翠TECHは、農業における人手不足を解消するためにAIによる自動走行ロボットを開発しています。 開発する自律走行…
VRイベント「バーチャルマーケット」の開催やVRエンジン提供などxR事業を展開する「HIKKY」が65億円調達
2021年11月15日、株式会社HIKKYは、65億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社NTTドコモです。NTTドコモとは、2021年10月20日に資本業務提携契約を締結して…
「BPLab」が「JEMS」と業務提携 トレーサビリティシステム「Circular Navi」を繊維製品向けに提供開始
2022年8月25日、株式会社BPLabは、株式会社JEMSと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、2022年9月1日から、「Circular Navi」を繊維製品向けに提供開始すること…
習慣化アプリ「みんチャレ」開発・運営の「エーテンラボ」が3.7億円調達
2022年2月28日、エーテンラボ株式会社は、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 習慣化アプリ「みんチャレ」を開発・運営しています。 勉強・ダイエット・運動・糖尿病改善など…
「カカクコム」が実店舗の情報サイト「Pathee.com」などを運営する「Pathee」の株式を取得し子会社化
2022年9月21日、株式会社カカクコムは、株式会社Patheeの株式取得により子会社とすることと、第三者割当増資を引き受けることについて決議したことを発表しました。 カカクコムは、価格比較サイト「価…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ