注目のスタートアップ

ブロックチェーン技術を活用したファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」展開の「Gaudiy」が9億円調達

company

2022年8月31日、株式会社Gaudiyは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

2022年6月に発表した25億円の資金調達を合わせると、総額34億円になります。

Gaudiyは、NFT、分散型ID(DID)などのブロックチェーン技術を活用したファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を提供しています。

エンターテインメントコンテンツごとにファンコミュニティを構築し、ブロックチェーン・NFTを活用したデジタルコンテンツを提供可能にし、さらにメディア横断的にファンの活動を統合的にスコアリングすることでファンへの還元と新たなファン体験の提供を実現するプラットフォームです。

コンテンツホルダーは、このファンコミュニティを構築することで、ファンの活動データを取得できるほか、ファンの活動を内部に組み込んでいくことなどが可能となります。

今回の資金は、人材採用や、「Gaudiy Fanlink」を拡充するための技術投資、東南アジア方面を皮切りとしたグローバル展開(2023年春より)、メタバースなどの新規事業開発などに充当します。

また、中長期的には、IPごとに独自トークンの上場支援を行っていきます。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

これにより、従来はコピーや改竄が容易だったデジタルデータに価値を持たせられるため、コピーや改竄を防ぎつつデジタルコンテンツを流通させることが可能となります。

NFTはすでにデジタルアートの流通や、ブロックチェーンゲームなどで活用されており、デジタルコンテンツの流通においても活用事例が増えてきています。

また、ブロックチェーンを活用してトークンを発行し、独自の経済圏が構築されたコミュニティやサービスなどをトークンエコノミーといいます。

トークンエコノミーは、たとえばクリエイターとファンがつながることができるファンコミュニティの運営などで活用できます。

通常、インターネットに投稿されるコンテンツを生み出したクリエイターに対し、ファンが数円~数十円といった少額のお金を支払うことは、手数料がかかるという関係上あまり現実的ではありません。

そのためSNSで見かけた作品などを応援したくても拡散したりいいねをつけたりといった方法でしか応援できませんでした。

暗号資産やトークンは銀行を介さずに流通できるため、ほとんど手数料がかかりません。そのため、トークンエコノミー内ではユーザーは少額のお金のやり取りを気軽に行うことができます。

これによってクリエイターや、コミュニティ内で有益な情報を発信する人などが適切に評価されるようになります。これがトークンエコノミーを活用したファンコミュニティの典型的な例です。

また、「Gaudiy Fanlink」は、ファンの活動や二次創作をコミュニティ内に組み込むことも構想しています。

二次創作とは既存の作品をもとにした創作物であり、主にファンが作品の応援や愛の表現のために創作を行っています。

コンテンツホルダーとしては健全な二次創作はコンテンツの普及・PRに有効であるため、二次創作のガイドラインを定めるなどして、ファンの活動を認めることもあります。

一方で、二次創作は内容によってはもととなった作品の価値を貶めたり、コンテンツホルダーに損害を与えたりすることもあります。

しかし二次創作はSNSなどの外部プラットフォームで流通するため、コンテンツホルダーがそれらすべてを管理することは不可能です。

公式(コンテンツホルダー)に認められた状況で活動したいと考えるファンも多く、エンターテインメント業界のさらなる発展のためには、この状況を上手く解決するような仕組みの構築が必要となっており、「Gaudiy Fanlink」のファンコミュニティはそうした場としても活用できると考えられます。

ビジネスのさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fanlink Gaudiy Gaudiy Fanlink NFT エンターテインメント ガウディ コミュニティ コンテンツ ファン ファン・コミュニティ プラットフォーム ブロックチェーン 技術 株式会社 経済圏 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発する「キビタス」が8,000万円調達
2022年3月25日、キビタス株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 キビタスは、身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発しています。 第1弾のプロダクト…
宅配物受取サービス「ecbo pickup」とクリーニング「ルビー」が業務提携
2021年4月9日、ecbo株式会社は、株式会社ルビーと業務提携したことを発表しました。 ecboは、荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」、宅配物受け取りサービス「ecbo…
DXソリューションを一気通貫で提供する「ROUTE06」が2億円調達
2020年5月18日、株式会社ROUTE06は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 外部ベンダーやオフショア開発に頼らず、社内のプロダクト・マネージャー、エンジニア、デザイナーなどのチ…
D2C事業開発の「ALPACA」が「Unreact」と共同で飲食店専門のEC化戦略総合パッケージ「NEW DREAM」を立ち上げ
株式会社ALPACAは、株式会社Unreactと共同で、「NEW DREAM」を開始したことを発表しました。 「NEW DREAM」は、飲食店専門のEC化戦略総合パッケージです。 飲食店のこだわりのE…
Shopify特化型グロースプラットフォーム提供の「StoreHero」が5,000万円調達
2021年6月21日、株式会社StoreHeroは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出資者は、インキュベイトファンド株式会社です。今回の出資のタイミングでインキュベイトファンド…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ