注目のスタートアップ

脳波系開発・脳波解析の「PGV」が1.5億円調達

company

2021年12月22日、PGV株式会社は、約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、塩野義製薬株式会社です。

PGVは、パッチ式脳波計の開発・提供や、パッチ式脳波計を用いた脳波AI解析のパッケージサービス「NAIS Entry」の提供を行っています。

今回の資金調達により、塩野義製薬が有する中枢神経系疾患領域における新薬・バイオマーカーの研究開発力と、PGVの脳波計測技術をかけ合わせ、簡便かつ安価な脳機能バイオマーカーの研究開発を推進します。

人類は、1920年にはじめて脳波の測定に成功し、脳波に関する研究を進めてきました。

以前まで脳波を測定する脳波計は大掛かりな装置であり、研究機関や医療機関などでしか利用されていませんでした。

しかし脳波計の開発の進展により、PGVのような額に貼れる程度の大きさにまで小型化が進み、また精度も向上しています。

脳波計測のコストが下がったことにより、スタートアップなど民間企業でも脳波の利用が進み、脳波とテクノロジーをかけ合わせたブレインテックという領域も登場し注目を集めています。

ブレインテックでは、睡眠の質の可視化や睡眠データを活用したプロダクト、人間の感情を可視化することによる商品パッケージの善し悪しの分析といった様々な取り組みが行われています。

脳波計は人間の脳活動を可視化しデータ化できるため、様々な可能性があります。

VRデバイスなどにも搭載されることが予測されており、今後、脳波は個人情報として非常に重要なものとなってくると考えられます。

研究開発型のビジネスでは豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI PGV バイオマーカー ブレインテック 塩野義製薬 株式会社 脳機能 脳波 脳波計 解析 計測 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

完全自動運転の早期実現を目指す「アセントロボティクス」が11億円調達!
平成30年3月19日、アセントロボティクス株式会社は、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本の道路環境で完全自動運転を実現させるソフトウェアの開発に取り組んでいます。 今回の資金…
ブロックチェーン×OSSによる開発者収益化サービス「Dev」運営の「フレームダブルオー」が資金調達
2019年9月27日、フレームダブルオー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ブロックチェーン×OSSによる開発者収益化サービス「Dev」を運営しています。 トークン・エコノミーを活用す…
不動産による資産形成をクラウドで支援する「ヤモリ」が5,000万円調達
2021年6月8日、株式会社ヤモリは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産オーナー向けクラウド不動産経営管理サービス「大家のヤモリ」や、管理会社向けクラウド不動産オーナー…
「トラストバンク」と「トヨタファイナンス」が地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みにおいて業務提携
2020年10月5日、株式会社トラストバンクは、トヨタファイナンス株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 トラストバンクは、デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チー…
専門知識を持つ有識者をマッチングし時間単位で知見を提供する「アーチーズ」が1.8億円調達
2021年12月16日、アーチーズ株式会社は、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 専門知見を有する有識者を探し出し時間単位で知見提供を行うサービス「エキスパートナレッジシェ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ