注目のスタートアップ

産地と交流・体験できるオーナー型コミュニティサービス「たたたん!」などを運営する「Linkhola」が資金調達

company

2022年8月8日、株式会社Linkholaは、資金調達を実施したことを発表しました。

Linkholaは、産地と交流・体験できるオーナー型コミュニティサービス「たたたん!」を運営しています。

全国の産地・生産者を応援しながら、交流や体験ができるオーナー型コミュニティサービスです。

オーナーになることで、旬の特産品が定期的に届くだけでなく、産地が企画する体験イベントに参加できます。

また、畑・漁港などの作業風景をバーチャルツアーで体験することもできます。

今回の資金は、新事業であるカーボンニュートラル支援事業「EARTHSTORY」のサービス・アプリ開発、開発体制・チームの強化、人材採用などに充当します。

農産物・水産物のオーナー制度とは、お金を支払って、一定期間畑や果樹のオーナーとなり、そこから収穫された生産物を得られるという制度です。

1990年代前半に棚田のオーナー制度が各地ではじまり、それから果樹園・農作物などに広がっていきました。

オーナー制度ではただ生産物が受け取れるというだけでなく、オーナーとなった人に農業体験などの体験を提供することが特徴的で、都市生活者と地方をつなぐものとして注目されています。

生産者側には安定して収益を得られること、ファンを増やせることなどのメリットがあります。

近年は体験そのものに価値を見出す人が増えており、モノ消費からコト消費へと消費活動が移り変わっています。オーナー制度は生産物に強く関わることができ、普段できない体験ができるものとしてさらに注目が高まっていくと考えられます。

SDGsの推進などにより、消費者の意識は大きく変化しています。企業はこうした時代の変化を上手く捉えてビジネスを展開する必要があります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、次代のニーズを上手く捉えビジネスを成功に導いた起業家のインタビュー記事を多数掲載しています。どのようにアイデアを生み出したのか、どんな困難を乗り越えてきたのかを知ることができます。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Linkhola オーナー オーナー制度 コミュニティ たたたん! 体験 株式会社 生産物 産地 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「フィンプラネット」による確定拠出年金向けロボアドバイザー「fintsDC」が提供開始
2021年1月27日、株式会社フィンプラネットは、「fintsDC」のサービス提供を2021年1月から開始したことを発表しました。 「fintsDC」は、確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援…
入退室管理システム「Akerun入退室管理システム」提供の「Photosynth」が17.5億円調達
2021年7月7日、株式会社Photosynthは、総額17億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートロックを活用した入退室管理システム「入退室管理システム」を提供しています。…
「イー・コミュニケーションズ」がTOEICオンライン・テストのAI監視サービスに「Remote Testing AIアナリスト」を提供
2020年12月9日、株式会社イー・コミュニケーションズは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が提供する「TOEIC(R) Listening & Reading IPテスト(…
多拠点クラウド・オフィス「TeleworkSpace」開発の「テレワーク・テクノロジーズ」が資金調達
2020年6月5日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 予約不要の3タップ10秒で利用できる多拠点ワークスペース・アプリ「TeleworkSpace(テレワー…
企業と直接つながるカジュアル面談プラットフォーム「Meety」がリリース
2020年10月14日、株式会社Meetyは、2020年10月1日から「Meety」の提供を開始したことを発表しました。 「Meety」は、“話せるネタ”をキッカケに、企業の中の人と直接つながるカジュ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ