注目のスタートアップ

事業用駐車場手配サービス「at PORT」を展開する「ランディット」が1.5億円調達

company

2022年7月26日、ランディット株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

事業用駐車場手配サービス「at PORT(アットポート)」を展開しています。

衛星×AI画像認識で収集した駐車場データから、希望場所にもっとも近い空いている駐車場を提案・手配するサービスです。

駐車場の提案までは最短1営業日以内というスピードを実現しています。

調査から支払いまでをワンストップで代行するため、駐車場を探す事業者は手間をかけずに駐車場を確保することができます。

短期の事業用駐車場予約・決済サービス「PIT PORT(ピットポート)」のローンチを直近に控えています。

今回の資金は、「at PORT」のさらなる拡大や、クラウドカメラ・衛星と機械学習を活用したソフトウェア開発、アナログオペレーションの非効率を解決する“貸す”側のソフトウェア開発の強化に充当します。

駐車場ビジネスは、遊休スペースの活用や、マンション建設までの暫定的な利用などによる参入もあり、都市部を中心に急激に市場が拡大しています。

一方で、その多くはコインパーキングであり、自家用車が減少している状況では、需要と供給のバランスが崩れてきているという課題を抱えています。

また、自動車業界はEVシフトやマイクロモビリティの推進など、大きな変化が訪れている最中です。

自家用車が減少する代わりにカーシェアなどが普及したり、自動運転車による交通サービスが社会実装されたり、自動運転車による物流網が構築されたりなど、これまでとは大きく構造が変化すると考えられます。

こうした中、新たなモビリティ事業がつぎつぎと登場すると考えられますが、モビリティ事業を展開するためには、モビリティを駐車しておくための拠点が必要となります。

一方で、事業者向けの駐車場を探すには、希望する場所を実際に足を運んで駐車場を見つけるか、不動産会社に依頼して探してもらうかといったアナログな方法が主流となっています。

ランディットは、これからさらに需要が高まってくるであろう事業者向けの駐車場の領域において、駐車場に関するデジタル基盤の整備を進めています。

ランディット株式会社のコメント

このニュースを受けまして、ランディット株式会社 代表取締役 藤林謙太氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

既存事業である中長期事業用駐車場手配サービス「at PORT(アットポート)」のマーケットプレイス化を目的とした深化と、短期事業用駐車場手配サービス「PIT PORT(ピットポート)」、衛星×AI事業、駐車場管理DX事業のアクセルを踏む為です。

・今後の展望を教えてください。

駐車場管理のデジタル化、自動運転車両向けサービス、電気自動車向けサービス、保守点検・整備サービスとの連携、シームレスなモビリティ手配ツールといったモビリティインフラとしての機能と、クラウドカメラや衛星の画像解析やAPI連携を活用した不動産テックとしての機能を拡充していくことで漸進的イノベーションと破壊的イノベーションを両立していきたいです。

・読者へのメッセージをお願いします。

まだまだ社会のお役に立てておりませんが、皆様の生活や事業が向上する仕組み作りに向けてスピードを上げて参りますのでご指導のほど宜しくお願い致します。

経済産業省は、もし2025年までに日本企業のDX化が成功しなければ年間最大12兆円の経済損失が発生する可能性があると指摘しています。このようにDXは不動産業に限らず、どの業界でも重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI at PORT Landit アットポート サービス データ ランディット 手配 株式会社 画像認識 衛星 資金調達 駐車場
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

バーチャル・イベント/バーチャル・ポップアップ・ストア開設サービス「Vrooom」がリリース
2020年12月18日、株式会社UNIVRSは、「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始したことを発表しました。 「Vrooom」は、バーチャル・イベントやバーチャル・ポップアップ・ストアを開設できる…
藻類開発プラットフォームを提供する「アルガルバイオ」が5.9億円調達
2022年7月26日、株式会社アルガルバイオは、総額5億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アルガルバイオは、藻類の研究・開発・生産・販売を行う東京大学発ベンチャーです。 藻類ライ…
個人向け銀行ローンDXプラットフォーム「クラウドローン」が「SMBCファイナンスサービス」と事前審査の連携を開始
2021年11月16日、クラウドローン株式会社は、SMBCファイナンスサービス株式会社と、事前審査の機能を備えた新バージョンの「クラウドローン」を開始することを発表しました。 クラウドローンの提供する…
「TechMagic」が1杯30秒で冷えたドリンクを作る飲食店向けロボットを開発中
2021年5月10日、TechMagic株式会社は、飲食店向けにアルコール・ドリンクを自動で提供するロボットの原理検証 (PoC)が完了し、実証実験に向けて調整を進めていることを発表しました。 ロボッ…
「xWINアセットマネジメントジャパン」がパイロット育成事業を展開する「FLIGHT TIME」に出資
2023年2月20日、xWINアセットマネジメントジャパン合同会社は、株式会社FLIGHT TIMEに、4,200万円を出資したことを発表しました FLIGHT TIMEは、パイロット留学サービス「W…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】