注目のスタートアップ

遠隔肌解析サービス「SISI LAB」とパーソナルケアD2Cブランドを展開する「SISI」が資金調達

company

2022年6月21日、株式会社SISIは、資金調達を実施したことを発表しました。

SISIは、遠隔肌解析サービス「SISI LAB」を基軸としたスキンケアをはじめとするパーソナルケアプロダクトを展開しています。

D2Cブランド「SISI」では、シートマスク、保湿化粧液、ウォータリーマスクなどを販売しています。

遠隔肌解析サービス「SISI LAB」では、「SISI」の定期購入時に肌検査キットを同梱し、これによって遠隔で専門家による肌解析を行います。

肌解析の結果はマイページから確認でき、ケアのためのアドバイスを受けられます。

今回の資金は、遠隔肌解析サービスのユーザー体験の改善、ニーズに応える新製品の開発、マーケティング施策の強化、採用活動に充当します。

自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるD2C(Direct to Consumer)モデルは、さまざまな領域に広がりをみせています。

その性質から顧客との距離が近いため、顧客の声をプロダクト開発・改善に活かしたりする企業・ブランドが多く、とくにユーザーの悩みの解決を目的としたコスメ・ビューティー領域ではD2Cブランドの成長が目立ちます。

また、趣味嗜好・性質・身体の特徴などは人それぞれ異なるため、個人の悩みを解決するには、その人に合わせてプロダクトをつくることが理想的です。

個々人に合わせてプロダクトを提供するというのはコストのかかる施策でしたが、テクノロジーを活用することでこういったパーソナライズ化を効率的に実現できるようになっています。

D2Cではいち早くこのパーソナライズ化が注目されており、オンライン診断などによってパーソナライズ化した商品を提供するブランドもすでに登場しています。

SISIは、肌解析をコア技術に、主に肌に悩みを持つ人に向けたプロダクトを提供するD2Cブランドを展開しています。

現在、肌解析はスキンケアのアドバイスなどに活用していますが、将来的には商品開発などに活かし、総合的なウェルネスに向き合うブランドへと成長することを目指しています。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いといわれています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C SISI アドバイス ケア コスメ スキンケア パーソナライズ パーソナライゼーション パーソナル ブランド 化粧品 株式会社 美容 解析 資金調達 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」が31億円調達
2019年11月21日、SHOWROOM株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ライブ動画ストリーミング・プラットフォーム「SHOWROOM」を運営しています。 また、VR/…
小型SAR衛星開発やクラウド型衛星データソリューション提供の「Synspective」が119億円調達
2022年3月29日、株式会社Synspectiveは、総額119億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Synspectiveは、小型SAR衛星の開発・運用と、衛星による観測データを活用したク…
Facebookの投稿をブログにするサービス「Beblog」がスタート
2020年1月22日、株式会社ズカンドットコムは、「Beblog(ビーブログ)」をスタートしたことを発表しました。 「Beblog」は、Facebookの投稿をブログとしてまとめるサービスです。 Fa…
履歴書作成サービス「ヤギッシュ」運営の「Yagish」が7,900万円調達
2022年6月13日、株式会社Yagishは、総額7,900万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Yagishは、履歴書作成サービス「ヤギッシュ」、履歴書添削サービス「ヤギッシュ赤ペン人事部長…
「日本クラウドキャピタル」がベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」をリリースへ
2021年10月26日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進めることを発表しました。 「FUNDINNO MARKET…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ