注目のスタートアップ

「テックピット」が7,500万円調達 戦略的人材リスキリングSaaS「Techpit for Enterprise」をリリース

company

2022年6月15日、株式会社テックピットは、総額7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、ITエンジニアのリスキリングに特化した戦略的人材リスキリングSaaS「Techpit for Enterprise」の提供開始を併せて発表しました。

「Techpit for Enterprise」は、学習プログラムの提供から、人材育成計画の策定、学習の完了支援まで、リスキリングに必要なプロセスを一気通貫で支援するサービスです。

テックピットはほかに、現役エンジニアが作成した学習コンテンツで最新の技術が学べるCtoCプログラミング学習プラットフォーム「Techpit(テックピット)」を運営しています。

今回の資金は、「Techpit for Enterprise」「Techpit」の拡大に充当します。

リスキリングとは、人材の再教育や再開発の取り組みのことです。

テクノロジーの急速な発展によって人材にさまざまなスキルが求められるようになっています。

リスキリングはこういった業務環境が大きく変化する中、今後の業務で役立つであろうスキル・知識の教育の実施や、勉強ができる環境を整えることを目的としています。

リスキリング以外の人材育成手法といえばOJTやリカレント教育が思い浮かびます。

OJTは、実際の仕事を通じてやり方・スキルを身につける手法です。今行っている仕事をよりよく遂行するためのものです。

リカレント教育は、休職などによってスキルを学び直し、それを現在の業務に活かすことを目的としています。

一方でリスキリングは、今はその仕事がなかったり、職場にできる人がいないスキルを身につけ、現在の業務とは別の業務を遂行できるようにすることを目的としている点で、ほかの人材育成手法と異なっています。

リスキリングを導入するためには、必要となるスキルの可視化、人材が持つスキルの可視化、学習プログラムの提供、学習状況の管理、スキルの実践的活用が必要となります。自社のみでこの体制の構築は困難であるため、多くの場合は専用のツール・システムを活用することになるでしょう。

学習でいえば、読書はコストパフォーマンスの高い学習方法のひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、書店員が選ぶ社員教育に使える本10選を紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ITエンジニア SaaS Techpit Techpit for Enterprise テックピット リスキリング 人材 人材育成 学習 教育 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE」展開の「ADVASA」が累計20億円調達
2022年4月1日、株式会社ADVASAは、累計20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ADVASAは、福利厚生ペイメントサービス「FUKUPE(フクペ)」を展開しています。 労働者の日々の…
クリニック・中小病院向けクラウド型電子カルテ・レセコンシステム「Henry」提供の「ヘンリー」が7.3億円調達
2022年6月8日、株式会社ヘンリーは、総額7億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヘンリーは、クリニック・中小病院向けクラウド型電子カルテ・レセコンシステム「Henry(ヘンリー…
建設・土木の生産支援クラウド運営の「フォトラクション」が5.7億円調達
2020年5月27日、株式会社フォトラクションは、5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を開発・運営し…
パーソナル・ドクター・サービス提供の「ウェルネス」が3,500万円調達
2019年10月23日、株式会社ウェルネスは、総額約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、パーソナル・ドクター・サービス「Wellness(ウェルネス)」のβ版を同日から提供開…
アパレルの定額制・組み合わせ自由の購入体験型サービス「WAGOON」が台湾で本格始動
2020年9月23日、株式会社WAGOONは、「WAGOON」のWebサービスを本格ローンチしたことを発表しました。 「WAGOON」は、台湾台北市で展開されている、アパレルの定額制・組み合わせ自由の…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ