注目のスタートアップ

京都でシェアサイクル「PiPPA」を展開する「Clew」が資金調達

company

2022年6月6日、株式会社Clewは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社京都銀行と京銀リース・キャピタル株式会社が協働で設立した「京銀未来ファンド3号 for SDGs」と、一般財団法人京都市都市整備公社です。

Clewは、シェアサイクルサービス「PiPPA(ピッパ)」を運営しています。

アプリから専用ポートに駐輪されている自転車を借りることができ、どの専用ポートにも返却できるサービスです。

主に京都エリアでサービスを展開しています。

Clewは、「PiPPA」の京都エリアを、旧運営会社である株式会社オーシャンブルースマートから事業譲渡を受け、2022年3月から運営しています。

今回の資金は、地域の商業施設・学校法人・行政関連施設・宿泊施設・オフィスビル・賃貸マンション・神社仏閣・個人宅などと連携し、専用ポートの設置を進めるために充当します。

京都市は狭い道が多く、一方通行の道が非常に多いことで有名です。

一方通行の標識には「自転車を除く」と書いてあることが多く、道も平坦であるため、京都市は自転車の利便性が高い街となっています。

しかし京都市は自転車の利用者が多い反面、店などが集まる商業エリアも道が狭く、狭い歩道に自転車が駐輪されることで歩行者の迷惑になるという状態が続いていたことから、京都市のほぼ全域で路上駐輪が禁止されています。

そのため自転車ユーザーは有料の駐輪場に駐輪する必要があるのですが、自転車の利用者数と駐輪場のキャパシティが釣り合っておらず、休日などでは駐輪場に駐輪したくても満車で駐輪できないというケースが散見されます。また、駐輪場がある場所も偏っており、繁華街以外や駅前以外には駐輪場はほとんど見当たりません。

また禁止区域で駐輪された自転車は事前の警告や猶予なく撤去車両に積み込まれて撤去されてしまうため、訪日観光客の借りたレンタサイクルが撤去されてトラブルになるということも起こっていました。

こういった観点から、京都市は自転車の利便性が高いものの、自転車を快適に利用するためのインフラの整備が遅れているといえます。

シェアサイクルは、設置されたポートであればどこにでも返却することができます。移動の間だけ自転車を借りることが可能であるため、京都市のような事情を抱えた街においてもポートの設置が進めば、快適に自転車を利用できるようになると考えられます。

ビジネスを拡大させていくには、自治体や他社との連携が必要となる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Clew PiPPA シェア・モビリティ シェアサイクル シェアリング・エコノミー シェアリング・サービス ピッパ モビリティ レンタサイクル 京都 京都市 株式会社 自転車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インフルエンサーを通じた音楽プロモーションサービス「Meme」運営の「BabyJam」が3,000万円調達
2022年5月20日、スタートアップスタジオのStudio ENTRE株式会社は、スタジオ発のサービス「Meme」を運営する株式会社BabyJamが総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しま…
電動キックボード・電動自転車のシェアリングサービスを展開する「Luup」が10億円調達
2022年4月14日、株式会社Luupは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。これは、車両のリース(セール・アンド・リースバック取引)や銀行融資等によるものです。 Luupは、電動キ…
AIアルゴリズム・モジュール開発やAI実装を展開する「日本データサイエンス研究所」が29億円調達
2020年10月19日、株式会社日本データサイエンス研究所は、総額約29億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 東大発のAI企業として、企業のDX推進や、企業へのAIの実装を展開しています。 …
大人系・地方創生系YouTuber事務所の「FunMake」が資金調達
2020年12月3日、株式会社FunMakeは、資金調達を実施したことを発表しました。 オトナが嗜むチャンネル(グルメ、キャンプ、旅行、ガジェットなど)や、地方創生につながるチャンネルを運営しているY…
単層カーボンナノチューブを提供する「名城ナノカーボン」が「関西電力グループ」と資本業務提携
2022年5月31日、関西電力株式会社は、関電グループの子会社・合同会社K4 Venturesを通じ、株式会社名城ナノカーボンに出資を行い、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 名城ナノカー…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ