注目のスタートアップ

京都でシェアサイクル「PiPPA」を展開する「Clew」が資金調達

company

2022年6月6日、株式会社Clewは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社京都銀行と京銀リース・キャピタル株式会社が協働で設立した「京銀未来ファンド3号 for SDGs」と、一般財団法人京都市都市整備公社です。

Clewは、シェアサイクルサービス「PiPPA(ピッパ)」を運営しています。

アプリから専用ポートに駐輪されている自転車を借りることができ、どの専用ポートにも返却できるサービスです。

主に京都エリアでサービスを展開しています。

Clewは、「PiPPA」の京都エリアを、旧運営会社である株式会社オーシャンブルースマートから事業譲渡を受け、2022年3月から運営しています。

今回の資金は、地域の商業施設・学校法人・行政関連施設・宿泊施設・オフィスビル・賃貸マンション・神社仏閣・個人宅などと連携し、専用ポートの設置を進めるために充当します。

京都市は狭い道が多く、一方通行の道が非常に多いことで有名です。

一方通行の標識には「自転車を除く」と書いてあることが多く、道も平坦であるため、京都市は自転車の利便性が高い街となっています。

しかし京都市は自転車の利用者が多い反面、店などが集まる商業エリアも道が狭く、狭い歩道に自転車が駐輪されることで歩行者の迷惑になるという状態が続いていたことから、京都市のほぼ全域で路上駐輪が禁止されています。

そのため自転車ユーザーは有料の駐輪場に駐輪する必要があるのですが、自転車の利用者数と駐輪場のキャパシティが釣り合っておらず、休日などでは駐輪場に駐輪したくても満車で駐輪できないというケースが散見されます。また、駐輪場がある場所も偏っており、繁華街以外や駅前以外には駐輪場はほとんど見当たりません。

また禁止区域で駐輪された自転車は事前の警告や猶予なく撤去車両に積み込まれて撤去されてしまうため、訪日観光客の借りたレンタサイクルが撤去されてトラブルになるということも起こっていました。

こういった観点から、京都市は自転車の利便性が高いものの、自転車を快適に利用するためのインフラの整備が遅れているといえます。

シェアサイクルは、設置されたポートであればどこにでも返却することができます。移動の間だけ自転車を借りることが可能であるため、京都市のような事情を抱えた街においてもポートの設置が進めば、快適に自転車を利用できるようになると考えられます。

ビジネスを拡大させていくには、自治体や他社との連携が必要となる場合があります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Clew PiPPA シェア・モビリティ シェアサイクル シェアリング・エコノミー シェアリング・サービス ピッパ モビリティ レンタサイクル 京都 京都市 株式会社 自転車 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

定額制コリビング・サービス「HafH」運営の「KabuK Style」が10億円調達
2020年3月27日、株式会社KabuK Styleは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 定額制コリビング・サービス「HafH」を運営しています。 世界18カ国・地域、158都市(…
動画クリエイター向けAI作曲クラウド・サービス運営の「SOUNDRAW」が6,500万円調達
2020年6月17日、SOUNDRAW株式会社は、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画クリエイター向けAI作曲クラウド・サービス「SOUNDRAW(サウンドロー)」(無料β…
AI検品は現場を救うか 異常をほぼ100%検出する検査・検品AIメーカー「アダコテック」が4億円調達
株式会社アダコテックは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 異常をほぼ100%検出する速な検査・検品AIを開発・提供しています。このAIは、一般的なディープ・ラーニングの100分の1程…
ガス漏洩を可視化するシステムの販売・サービス提供を行う「Soilook」が3,000万円調達
2022年5月31日、株式会社Soilookは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Soilookは、成分分析技術を応用したガス漏洩を可視化するシステムの販売と、サービスの提供…
化学のものづくりDXに特化したデータ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」がリリース
2022年4月21日、データケミカル株式会社は、「Datachemical LAB(データケミカルラボ)」の提供を開始したことを発表しました。 「Datachemical LAB」は、無機・有機・高分…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ