注目のスタートアップ

「Srust」が1億円調達 R&D特化型グローバルスキルシェアプラットフォーム「free-ist」をリリース

company

2022年6月3日、株式会社Srustは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、R&D特化型グローバルスキルシェアプラットフォーム「free-ist」をリリースしたことも併せて発表しました。

「free-ist」は、研究開発人材に特化した副業・転職のマッチングプラットフォームです。

日本だけでなく世界中の研究開発人材にアクセスできることを特徴としています。

2022年6月時点で、15カ国以上の科学者が登録しています。

今回の資金は、日本・海外での事業拡大に向けた人材採用、サービス開発、マーケティング活動の強化に充当します。

国内では研究力の向上のために1991年から大学院拡充政策が実施されました。これにより1991年度から2006年度にかけて大学院生は倍増しています。

一方で博士課程終了者数は増えているものの、大学教員としての採用数は横ばいとなっており、若手研究者は深刻な就職難という課題を抱えています。

その溢れた研究者は専門的な知識を持っている人材なのですが、しかし民間企業は博士号を持つ人材を積極的には採用しません。

採用しない理由としては、専門的な知識を持っていたとしてもすぐに活用できるわけではないこと、一から人材を育てたほうが効果的であるからといったことが挙げられています。

この企業の考えは、日本が長年終身雇用制度を採用し、さらに年功序列制度であったことが原因です。この体制では人材の流動性が低く、企業内では秀でた人材よりも、様々な仕事を一定以上こなせる人材こそが求められていました。

一方で近年は終身雇用制度・年功序列制度が廃止される動きも出てきており、博士課程終了者といったスペシャリストも活用できる環境が構築されつつあります。また、副業・兼業の解禁もあり、人材の流動性を高めようという動きも出てきています。

Srustは「free-ist」の提供を通じ、研究開発人材の民間企業での活用を促すことで、企業の課題解決と、若手研究者のキャリア形成を支援することを目指しています。

株式会社Srustのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Srust 代表取締役社長 野崎光太氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

採用、サービス開発およびマーケティングに資金を投じることで、更なる登録者および利用企業の拡大を目指し、調達しました。

・今後の展望を教えてください。

元々論文などは英語で書かれており、国境を隔てる必要がない研究開発領域において、Day 1からグローバル展開する日本発のスタートアップとして事業を進めて参ります。

既に海外子会社を設立しておりますが、年内に海外での実績を積み上げ、調達においても早期に海外投資家との協議を開始し、名実ともにグローバルスタートアップとなることを目指して事業を運営していきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

一人で創業した当初は、事業の方向転換を強いられたり、調達も上手くいかないなど色々な問題がありましたが、信念とスピード感をもって事業に取り組むことによって、今では多くの人に支えられ、事業を運営しています。

資金やメンバー集め、その他数々の実務作業で大変だと思いますが、踏ん張って事業を進めればどこかで解決の糸口は見つかると思うので、諦めずにがんばってください!

企業の成長には優秀な人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ free-ist Ph.D. R&D Srust スキル・シェアリング 人材 副業 博士 博士号 研究者 研究開発 転職
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

テレワーク人材マッチング・プラットフォーム運営の「Remoteoffer」とオンライン秘書サービス提供の「your team.」が業務提携
2020年10月16日、株式会社Remoteofferは、your team.と業務提携契約を締結したことを発表しました。 Remoteofferは、リモートワーク・テレワーク人材に特化したSaaS型…
脳卒中後の運動障害の治療実現を目指す「Connect」が2.1億円調達
2020年11月9日、Connect株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 脳卒中の発症後における重度の運動障害を治療するための、ブレイン・マシン・インターフェース…
最先端の創薬プラットフォームを駆使したネットワーク型創薬ベンチャーの「モジュラス」が23.4億円調達
2022年3月1日、モジュラス株式会社は、総額23億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バイオロジーについての知見、最先端の計算科学を駆使した創薬プラットフォーム、グローバルなネッ…
サブオービタル・スペースプレーン開発の「SPACE WALKER」が3.25億円調達
2020年6月22日、株式会社SPACE WALKERは、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブオービタル・スペースプレーン(宇宙飛行機)の設計・開発を行っています。 2…
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ