注目のスタートアップ

アニメーション作品を始めとする中国映画の日本配給などを展開する「面白映画」が資金調達

company

2022年5月27日、面白映画株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、中国でデジタル出版・版権許諾・アニメ・映画投資などのIPビジネスを展開する大手企業・中文在線数字出版集団股份有限公司を始めとした事業会社2社が新規株主として資本参画したことをも併せて発表しました。

面白映画は、中国映画の日本市場への展開のため、アニメ映画のプロデュース・マネジメント業務を行っています。

具体的には以下の6点の事業を行っています。
・中国映画の日本配給
・映画コンテンツ二次許諾によるライセンス経営
・映画企画及びプロデュースによるコンサルタント業務
・チケット販売や代理販売によるチケットシステムの経営
・映画宣伝による広告業務
・映画関連グッズ販売業務

また、2022年1月19日から、グランドシネマサンシャイン池袋で、毎週水曜日の中国映画を上映する特集上映企画「電影祭」を開催しています。

この「電影祭」は、4月からシネマート心斎橋で「電影祭・関西」を開催しているほか、5月から週1回の上映から毎日上映へとパワーアップさせています。

今回の資金は、中国映画の海外フルライツの獲得、中国映画コンテンツの企画・開発・投資、映画以外のコンテンツ事業の開拓に充当します。

中国のアニメ産業は急速に発展しています。2017年には約2.5兆円の市場規模に到達し、日本の市場を上回りました。

中国のアニメ産業が拡大しているのは、国産アニメを育成するため国が保護と支援策を展開していること、中国全体のGDPが向上しクリエイターにも適正な給与が支払われていることなどが理由だと語られます。

2019円7月に公開された『哪吒之魔童降世』は、中国国内で50億元(約770億円)もの興行収入を記録しています。中国で2019年に公開された『千と千尋の神隠し』の年間興行収入が約4.9億元(約75.6億円)であることを考えれば、これがいかに大ヒットであるかわかることでしょう。

中国のアニメ映画は自国内での消費・発展を目的とし、神話・民話などを題材とした作品が多くなっています。そのため当初は海外展開があまり上手くいかなかったのですが、近年の技術力の向上、作品の多様化、海外のスタジオなどとの共同制作を通じ、着々と海外展開を進めています。

面白映画株式会社のコメント

このニュースを受けまして、面白映画株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

1. 弊社の日本でのメイン事業は中国映画の配給及び二次利用展開になりますが、常に中国の優れたコンテンツを調達しないといけません。
今回の資金調達はコンテンツ許諾契約に必要な資金を募集しましたし、中国の大手上場コンテンツ会社と資本業務提携の関係も築きました。

2. 中国にこれから生まれるポテンシャルのある映画コンテンツに早期投資及び企画サポートなどのサービスを提供します。

3. 映画だけでなく、テレビアニメや漫画や小説など全般のコンテンツ事業を日本で展開することをチャレンジしたいと思います。

・今後の展望を教えてください。

「面白映画株式会社」は「面白いことを、もっと多く」というビジョンの下、日本の方々に新しく面白い映画をどんどん提案したいと考えています。

また、日中間のコンテンツ交流の架け橋となり、映画作品の日中共同制作、映画業界の人材交流、コンテンツの海外展開促進などにも更に尽力していきます。

コンテンツの交流によって相互理解を深め、新たなチャンスを生み出し、日中コンテンツ業界に新しい価値を創出してまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

近年以来、中国の映画コンテンツの数が増え、クオリティもどんどん高くなりましたが、日本市場での存在感がまだまだ弱く、弊社がかつて参加していた「羅小黒戦記」や「白蛇」などの配給成功事例がありつつ、まだ日本の観客に知られていない優れたコンテンツがたくさんあります。

我々がそれらのコンテンツを発掘し、弊社の「電影祭」企画を始め、日本全国の観客に届き、楽しんでもらいたいと考えております。

ぜひ弊社がグランドシネマサンシャイン池袋とシネマート心斎橋で主催している「電影祭」を応援してください。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IP アニメ アニメーション コンテンツ ライセンス 中国 作品 映画 株式会社 資金調達 配給 電影祭
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が資金調達
2022年2月28日、MyDearest株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2021年6月30日には、総額9億円の資金調達の実施を発表しています。 MyDearestは、オリジナルIP…
​次世代型テーマパーク「リトルプラネット」運営の「プレースホルダ」が6億円調達
2019年11月29日、株式会社プレースホルダは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の企画開発・運営を行っています。 …
ペーパーレス経費精算システム「レシートポスト」などを展開する「TOKIUM」(旧:BEARTAIL)が35億円調達
株式会社TOKIUMは、総額35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社BEARTAILから、株式会社TOKIUMに社名を変更し、さらに法人の支出管理ブランド「TOKIUM(トキウ…
金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…
自動運転システム開発の「ティアフォー」が113億円調達
株式会社ティアフォーは、総額113億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ティアフォーは、オープン・ソースの自動運転OS「Autoware」の開発を主導しています。 また、自動運転システムの開発…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ