注目のスタートアップ

病院経営プラットフォーム「ここりんく」提供の「プレアデスセブン」が出資受け入れ

company

2022年5月20日、プレアデスセブン株式会社は、「地域医療活性化ヘルスケアファンド投資事業有限責任組合(地域医療活性化ヘルスケアファンド)」から出資を受け入れたことを発表しました。

プレアデスセブンは、病院経営プラットフォーム「ここりんく」を提供しています。

電子カルテデータの2次利用や、部門システムをまたいだデータの統合や分析、地域連携室などのマネジメント効率化などを実現するプラットフォームです。

「地域医療活性化ヘルスケアファンド」は、日本PMIパートナーズ株式会社が組成した、ヘルスケア特化型のプライベートエクイティ(PE)ファンドです。

独立系オルタナティブ投資運用グループのMCPアセットマネジメント社が運営する東京都のFOFsや、国内機関投資家のシュバイツェル・インベストメント社などが参画しています。

今回の出資受け入れにより、日本PMIパートナーズの幅広いネットワークや専門的知見を活用し、体制の強化と事業拡大の加速を進めていく予定です。

一般社団法人全国公私病院連盟が公表している「令和2年 病院運営実態分析調査の概要」によると、2020年は80.3%の病院が赤字となっています(前年70.9%)。

これは新型コロナウイルス感染症の影響により1病院あたりの患者数が減少したためですが、コロナ以前から赤字の病院の割合が7割前後で推移しており、多くの病院が赤字から脱出できていないことがわかります。

病院の主な収入源は診療報酬なのですが、これは政府によって値段が決められています。そして低医療費政策が続いているため、病院の収益があがらなくなっています。

なので赤字の病院を減らすためには診療報酬を引き上げることが必要なのですが、診療報酬を引き上げると国民の負担が増えることになってしまいます。

また、我々は医療保険によって3割負担で医療を受けることができますが、残りの7割については、国民健康保険料だけで成り立ってはおらず、かなりの税金が投入されています。低医療費政策は続けていかざるを得ない状況にあるのです。

そのため、病院が赤字から脱出するためには、経営を大幅に改善することが必要となります。プレアデスセブンは、「ここりんく」の提供を通じ、医療法人の経営力の強化を支援しています。

企業を成長させていくためにはテクノロジーの活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ここりんく プラットフォーム プレアデスセブン ヘルスケア マネジメント 分析 効率化 医療 地域医療活性化ヘルスケアファンド 株式会社 病院 経営
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートホーム・コントローラーなど展開の「Live Smart」が資金調達 「中国電力」と提携
2021年1月14日、株式会社Live Smartは、中国電力株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。 Live Smartは、スマートホーム・コントローラー「LS Mini Next」や…
ナレッジ共有Saas「Qast」運営の「any」が8,000万円調達
2020年5月11日、any株式会社は、8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、HENNGE株式会社です。 社内のナレッジ共有ツール「Qast(キャスト)」を運営しています。…
ワーク・シェアリング・サービス運営の「タイミー」と近鉄グループの総合人材サービス提供の「Kサポート」が業務提携
2020年10月26日、株式会社タイミーは、株式会社Kサポートと業務提携契約を締結したことを発表しました。 タイミーは、空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリン…
不動産の企画・開発「Unito」が7,000万円調達 サブスク住居「unito」をリリース
2020年2月25日、株式会社Unitoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ウニット)」のサービス・サイトをオープンしたこ…
老舗料亭「仕出し割烹しげよし」運営の「寿美家和久」が資金調達
2022年6月20日、株式会社寿美家和久は、資金調達を実施したことを発表しました。 寿美家和久は、明治10年創業の料亭「仕出し割烹しげよし」の運営や、「仕出し割烹しげよし」フランチャイズ事業、料理宅配…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ