注目のスタートアップ

「もりおかSDGs ファンド」が手紡ぎ手織りの毛織物「ホームスパン」事業を展開する「クラシカウンシル」に出資

company

2022年5月20日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、「もりおかSDGs 投資事業有限責任組合(もりおかSDGs ファンド)」より、株式会社クラシカウンシルに投資を実行したことを発表しました。

株式会社クラシカウンシルは、岩手県盛岡市を拠点に、手紡ぎ手織りの毛織物「ホームスパン」関連事業を展開しています。

「i-wool プロジェクト」という名で、農家・作家と共に岩手県内での羊毛活用とブランド化に取り組んでいます。

また、県内のホームスパン工房と作家と共同で「いわてホームスパンユニオン」という団体を立ち上げ、岩手県におけるホームスパンの継承・若手育成、産地としての振興に取り組んでいます。

他にも、「盛岡市中央公園 ビバテラス」の「まなび棟」(2022年秋完成予定)の入居を予定しており、ここでホームスパン教室や県内外の伝統工芸品の企画展などを展開していく予定です。

「もりおかSDGs ファンド」は、FVC Tohoku株式会社と盛岡信用金庫などと共同で設立した、盛岡広域・岩手県北地域の企業へ投資を行うファンドです。

ホームスパンとは、もともとスコットランドやアイルランドの農家で作られていた伝統的な毛織物です。

原毛(羊毛)から、手染め、手紡ぎ、手織りで作ることを特徴としています。

明治時代に日本に伝わり、現在では岩手県の盛岡市・花巻市周辺のみで地場産業として残っています。国内ホームスパン総生産量の約8割が岩手県で生産されています。

一方、ホームスパンの知名度は地元である岩手県内においても低下しており、特に若い世代は知らない人が多い状況にあるといいます。

ホームスパン職人は高い技術を保有しているため、ホームスパン文化とこの技術を次世代に継承するには、幅広い層へのアプローチが必要となります。

クラシカウンシルは、このホームスパン産業において、振興・普及・羊毛生産・商品製造・販売・担い⼿育成などに取り組んでいます。

事業の拡大には資金調達が重要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、VCから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ i-wool プロジェクト SDGs いわてホームスパンユニオン クラシカウンシル ホームスパン もりおかSDGs ファンド 伝統工芸品 地場産業 岩手県 文化 株式会社 毛織物 盛岡市 織物
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボット開発の「LexxPluss」が資金調達
2021年3月3日、株式会社LexxPlussは、資金調達を実施したことを発表しました。 物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットを開発しています。 従来の自動搬送ロボットは、誘導線上に沿って軌道走行す…
分光分析を用いた調剤支援装置を開発する「ウィズレイ」が資金調達
2022年2月4日、株式会社ウィズレイは、資金調達を実施したことを発表しました。 2019年7月に設立された就実大学発ベンチャーです。 分光分析によって医薬品を識別できる装置を開発しています。 これに…
宿泊施設の業務効率化システム提供の「TradFit」とホテル向けサービスロボット販売の「エイム・テクノロジーズ」が提携
2022年2月15日、TradFit株式会社と、エイム・テクノロジーズ株式会社は、両者の保有する技術の相互活用において提携したことを発表しました。 TradFitは、スマートスピーカーとチャットボット…
「スペイシー」が100円均一のコワーキング・スペース「100円スペイシー」を開始
2019年7月10日、株式会社スペイシーは、「100円スペイシー」を2019年7月10日から開始することを発表しました。 「100円スペイシー」は、1時間100円で利用できる、電源とWi-Fiを完備し…
調剤薬局・零売薬局・訪問看護などを展開する「GOOD AID」が2億円調達
2021年8月11日、GOOD AID株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調剤薬局「おだいじに薬局」や、零売薬局チェーン「セルフケア薬局」、訪問看護・訪問リハビリ事業「お…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ