不動産賃貸契約に特化した中小企業向け電子契約サービス「PICKFORM」がリリース

tool

2022年5月18日、株式会社PICKは、「PICKFORM(ピックフォーム)」を開発し、2022年18日からサービスを開始したことを発表しました。

「PICKFORM」は、不動産賃貸契約に特化した、中小企業向けの電子契約サービスです。

シンプルな操作性や、普段使用している契約書をそのまま利用できること、業界トップクラスの低価格を実現していることを特徴としています。

契約は、不動産業界だけでなく、すべての企業運営において重要な業務のひとつです。

そして、契約書業務は、1枚ごとの押印や、適切な保管、印刷・郵送などの多くの手間がかかっており、効率化のニーズが高い業務です。特に不動産取引においては何枚もの契約書が必要となるため非常に多くの手間がかかっています。

不動産業界では、2022年5月18日に施行された宅地建物取引業法の一部改正により、重要事項説明書などへの押印が不要、書類・契約書の電子交付も可能となり,
ようやく不動産取引の電子契約が本格化しています。

この一部改正は、不動産業界にとってデジタル化に取り組む大きな機会です。人手の足りない中小規模の事業所においても、新たなツールを導入することで効率化を図るということも増えていくと考えられます。

PICKは、この新たな流れに対応するため、中小企業向けの電子契約サービス「PICKFORM」を提供しています。

シンプルな操作性や、既存の契約書が利用可能であること、低価格を実現することで、中小企業でも導入しやすいようサービスを構築しています。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ PICK PICKFORM サービス デジタル化 ピックフォーム リリース 不動産 中小企業 取引 契約 契約書 株式会社 賃貸 電子契約
詳細はこちら

不動産賃貸契約に特化した中小企業向け電子契約サービス「PICKFORM」を開発。2022年5月18日にサービス開始。売買契約にも対応。

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達
2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「…
エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が4億円調達
2020年3月24日、株式会社エイシングは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム技術「Aii…
フードロス削減に貢献できる訳あり商品の福袋通販サイト「SUKUERU」が本格始動
2022年3月22日、株式会社ウィナスは、「SUKUERU(スクエル)」を本格始動することを発表しました。 「SUKUERU」は、福袋の購入を通じて、食品メーカーや食品卸売業など事業によって生み出され…
「freee」が「請求書ファイナンス」モバイル版をリリース
2019年12月24日、freee株式会社の子会社であるfreee finance lab株式会社は、「請求書ファイナンス」のモバイル版を提供開始したことを発表しました。 「請求書ファイナンス」は、「…
バーチャルカラオケSNS「topia」運営の「アンビリアル」が5.5億円調達
2022年4月21日、株式会社アンビリアルは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アンビリアルは、バーチャルカラオケSNS「topia」を運営しています。 自分だけの3D…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ