注目のスタートアップ

NFTやDappの開発を通じNFTコンテンツエコシステムの構築を目指す「synschismo」が1,500万円調達

company

2022年5月10日、synschismo株式会社は、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

synschismoは、NFTやDapp(分散型アプリケーション)の開発を通じNFTコンテンツエコシステムの構築を目指しています。

「NFTレンタルプロトコル」、「NFTコミュニティ向けコンテストプロトコル」、「NFTコンテンツの企画・開発」の3つのサービスを皮切りに、様々なユーザーを対象としたソリューションを幅広く提供し、NFTコンテンツを取り巻くエコシステムの構築を行っていきます。

今回の資金は、創造経済の拡大に向けたNFTコンテンツエコシステムの構築に充当します。

これまで画像・動画・音楽といったデジタルデータは複製・改竄が容易だったため、不正な流通を防ぐためデータにプロテクトをかけるといった対策を行っています。プロテクトを突破する技術は日々進化しており、不正な流通を完全に防ぐことはできません。

しかし、ブロックチェーン技術を活用した、デジタルデータに唯一無二の資産的価値を付与する技術であるNFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)により、デジタルデータの流通を根本的に変革できる可能性が見えてきました。

またNFTによって、デジタルデータの創作物を生み出すクリエイターが適切に報酬を得ることも可能となります。現在、この新たな経済圏を創出するため、様々なプレイヤーがNFT領域に参入しており、非常に活気のある市場へと成長しています。

一方で、このNFT領域はまだ登場して間もないため、既存のサービスよりも洗練されておらず、利用に関しても複雑であるため、ユーザーを獲得するための課題をいくつも抱えています。synschismoがNFT領域においてどのようなサービスを展開するのか注目が必要です。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ NFT synschismo エコシステム コンテンツ ブロックチェーン 株式会社 経済圏 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

お金のトレーニング・スタジオ「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が4億円調達
2020年6月29日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミレニアル世代の女性向けのお金のトレーニング・スタジオ「ABCach」を展…
システム開発事業の「H.S.P」が日本初のNFT美術館を展開する「一般財団法人NFT鳴門美術館」と提携
2021年10月13日、株式会社H.S.Pは、一般財団法人NFT鳴門美術館と事業提携したことを発表しました。 H.S.Pは、資金調達から開発運営までワンストップでサポートする、アプリ・Web・システム…
譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」がFUNDINNOで6,500万円調達
2020年10月12日、株式会社Minoruは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」による資金調達を実施し、目標金額1,625万円に対し、上限金額である6,500万円(達成率400%)…
「サンキャク」がYouTubeを活用したデジタル展示会構築サービスを提供開始
2020年10月22日、サンキャク株式会社は、YouTubeを活用したデジタル展示会構築サービスの提供を開始することを発表しました。 このサービスは、商品・サービスのアピール・ポイントや顧客層・潜在顧…
カメラのサブスクリプションサービス「GooPass」展開の「カメラブ」が資金調達
2021年9月30日、カメラブ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、UIデザイン事業やWebサービス開発の株式会社グッドパッチです。 カメラのサブスクリプションサービス「Goo…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ