農業特化のWebマーケティング支援「ファームコネクト」 農作物のネット販売をフル代行するサービスを開始

tool

2022年5月4日、株式会社リタテラスは、展開する「ファームコネクト」において新サービス「ネット販売代行プラン」をリリースしたことを発表しました。

「ファームコネクト」は、農業に特化したWeb制作・マーケティング支援事業です。生産者の収益増加・農園のブランド確立のため伴走支援を行っています。

Webサービスだけでなく、農作物を使用した加工品の開発支援サービスも行っています。

今回リリースした新サービス「ネット販売代行プラン」は、農園のECサイトの制作から、写真編集、LINE公式アカウントの導入、Web集客、継続的なLP改善、トラブル対応といった、ネット販売の開始から運用に必要なことをすべて代行するサービスです。

農林水産省の分析によると、消費者に直接販売を行っている販売農家の方法をみると、農産物販売金額が大きいほど、自営の農産物直売所やインターネットを利用する割合が高くなっています。

農産物や海産物は生鮮物のため、ECと相性が良いとはあまりいえませんが、商品の管理や物流などのテクノロジーの進化により、なるべく新鮮な状態で生鮮物を運ぶことができるようになってきています。

また、特に新型コロナウイルス感染症の流行は大きく、飲食店などが休業し販路がなくなったこともあって、ECに注力する農家・農園が増加してきているのです。

農作物のネット販売においてもPR・マーケティングは重要ですが、多くの農家はマーケティングの心得がありません。新しくはじめる取り組みでもあるため、大きな投資ができず、自分でやれる範囲からECに取り組むというケースも少なくないでしょう。

その場合、いつもの農業にプラスで仕事の負担が増加することもあり、満足な取り組みが行えず、結果が伴わないということになってしまいます。

リタテラスはこういった農家のEC参入の課題を解決するため、農業に特化したネット販売代行をリリースしています。

株式会社リタテラスのコメント

このニュースを受けまして、株式会社リタテラス 代表取締役 村瀬雄太氏よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

「生産者様に販売に関する手間を一切煩わせないこと」です。

市場の相場に収益が大きく左右されたり、資材の高騰が続いている等の理由から、ネットや直売所にて生産者様が自ら作物を消費者に販売する「直販」が業界のトレンドです。

しかし多くの農園は個人経営であり、手間・工数の面でなかなか手を出すことができていないという実情がございます。特にネット販売に関しましては、Webの知識を要することから一層高いハードルが存在しています。

ネット販売代行プランは、Webに精通している人材がネット販売の開始〜運用まですべてを代行することで、生産者様に一切の手間を煩わせることなく新たな販路および収益源をご提供できる点が売りです!

・今後の展望を教えてください。

まだまだ私たちがお会いできていない生産者様が多いので、もっと私たちのサービスについて周知して、少しでも多くの生産者様のお力になれたらと存じます。

また、日々生産者様と関わるなかで、販売のみならず生産に関しても人手不足に悩んでおられる生産者様が多いと感じますので、何らかの形でサポートしていきたいところです。

「農園のパートナー」として幅広い分野で伴走支援して、各生産者様の理想の農園経営を実現し、その活動を通して日本の食を豊かにしていければと存じます。

・読者へのメッセージをお願いします。

「毎日美味しい作物が食卓に並ぶ幸せ」。

この幸せは生産者様の努力無くしてあり得ません。この幸せを守るべく今後も活動していければと存じます。

ぜひ応援いただけましたら幸いです! この場をお借りしてお願い申し上げます。

ECは農家以外でも新たな販路として大きな存在となっています。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方、インターネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ EC Web Webマーケティング ネット販売 ネット販売代行プラン ファームコネクト マーケティング リタテラス 代行 株式会社 販路開拓 農家 農業
詳細はこちら

農業特化のWebマーケティング支援事業「ファームコネクト」が、農作物のネット販売をフル代行するサービスを開始!

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業向け生産管理クラウドシステム「スマートF」を提供する「ネクスタ」が4.2億円調達
2023年12月26日、株式会社ネクスタは、総額約4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ネクスタは、製造業向け生産管理クラウドシステム「スマートF」シリーズを提供しています。 充…
データ・ドリブンな教育支援サービス「NOCC」運営の「トワール」が1億円調達
2020年4月19日、株式会社トワールは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 データ・ドリブンな教育を支援するWebサービス「NOCC」を運営しています。 直感と経験で行われていた教…
商談内容を自動でテキスト化する営業ツール「Bring Out」を提供する「ブリングアウト」が6,000万円調達
2022年11月8日、株式会社ブリングアウトは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社が運営するオープンイノベーション推進1号投…
ReactNativeやFlutterに強みを持つアプリ開発企業「インプル」が資本性ローンにより1億円調達
2023年8月24日、株式会社インプルは、日本政策金融公庫の札幌支店中小企業事業により、資本性ローン(制度名:挑戦支援資本強化特別貸付)1億円の融資を調達したことを発表しました。 インプルは、Reac…
スマート水田サービス「paditch」を開発・運営する「笑農和」が資金調達
2023年12月22日、株式会社笑農和は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社脱炭素化支援機構です。 笑農和は、スマート水田サービス「paditch(パディッチ)」を開発・運営し…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】