注目のスタートアップ

アニメーション作品の企画制作プロダクション「ツインエンジン」が資金調達

company

2022年8月29日、株式会社ツインエンジンは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、中国・深セン市の大手IT・ネットサービス企業テンセント社、電子書籍プラットフォーム「めちゃコミック」を運営する株式会社アムタス、電子書籍プラットフォーム「ブックライブ」を運営する株式会社BookLiveです。

ツインエンジンは、アニメーション作品の企画立案、オリジナル原作の開発、宣伝戦略、ビジネススキームの構築を行っています。

また、「スタジオコロリド」「ジェノスタジオ」「スタジオカフカ」をはじめとしたアニメーションスタジオ・クリエイティブユニットをグループとして抱えています。

アニメ製作の基本的なモデルである製作委員会方式から脱却するため、全世界に向けたアニメーション作品の企画・制作・宣伝・販売のすべての工程を自社グループで担っています。

Netflix、Amazonプライムビデオ、Crunchyroll、bilibiliなどの動画配信サービスと協力し、世界に向けて作品を配信しています。

テンセントグループとの提携により、ゲーム化・グローバル化を見据えたアニメーションコンテンツの企画製作に注力し、ライセンスビジネス事業を拡大していきます。

アムタス・BookLiveとの提携により、コミック×アニメのビジネス展開を見据え、オリジナルIPを共同で開発していきます。

国内のアニメ産業の市場規模については、2010年には約1.3兆円だったものが、2019年には2.5兆円へと大きく拡大しています。

これは、日本のアニメーション作品をローカライズして配信する動画配信サービスが各国で展開され、海外需要を獲得できたことが要因です。

一方で、国内のアニメ制作会社はその収益構造に課題を抱えています。

国内でのアニメ制作は、資金調達と企画発案を担当する製作と、実際に作品をつくる制作にわかれており、これを製作委員会方式といいます。

製作から案件を受注するアニメ制作会社を元請けといいます。

テレビシリーズのアニメでは、30分作品を月に4本つくる必要がありますが、これをこなすには多くのスタッフを雇う必要があります。

そのため分業システムが発展しており、作業の一部を下請けのアニメ制作会社に発注するというケースがほとんどです。

しかしもともと元請けに降りてきた予算が少ないため、下請けへの依頼料はかなり絞られてしまうことになります。

下請けは資金力から製作委員会に関わることができないため、予算の交渉も行うことができません。

そのため下請けのアニメ制作会社では厳しい報酬での労働が余儀なくされており、さらに人材が定着しないため、スキルが継承されず、どんどんとクオリティが落ちていくという課題にも悩まされています。

こうした状態から脱却するため、制作会社自らが製作委員会に出資して参加し、作品の権利を持つことで、予算交渉を行ったり、制作した作品の利益を最大化させたりといった動きも見られるようになってきました。

また、そもそも製作委員会方式をやめ、自社ですべての権利を持つこと前提としたプロジェクトを立ち上げ、作品をつくるという制作会社も出てきています。

海外市場は非常に大きな市場であるため、参入することで利益の向上を見込めます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、海外展開の始め方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BookLive IPコンテンツ アニメ アニメーション アムタス オリジナルIP グローバル展開 コンテンツ ジェノスタジオ スタジオカフカ スタジオコロリド ツインエンジン テンセント ブックライブ プロダクション マンガ めちゃコミック 企画 作品 制作 動画 株式会社 漫画 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産業廃棄物回収の配車計画を自動作成するSaaS「配車頭」提供の「ファンファーレ」が1.5億円調達
2021年9月21日、ファンファーレ株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIにより産業廃棄物の収集運搬のための配車計画を自動作成するSaaS「配車頭」を提供して…
ライフ・プランニングなどFinTechサービス展開の「MILIZE」が3.3億円調達
2019年12月2日、株式会社MILIZEは、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 保険証券電子化アプリ「miruho(ミルホ)」や、ライフ・プランニングと資産負債管理の統…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が4億円調達
2022年6月20日、株式会社岩谷技研は、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開発しています。 気球による“NearSpace…
「アステナホールディングス」が細胞膜表面のトランスポーターを標的とした創薬ベンチャー「ジェイファーマ」に出資
2022年11月21日、アステナホールディングス株式会社は、ジェイファーマ株式会社が実施する第三者割当による新株予約権の引き受けを行ったことを発表しました。 ジェイファーマは、主に細胞膜に存在するタン…
電子契約サービスを開発・提供する「サインタイム」が3.9億円調達
2022年7月29日、サインタイム株式会社は、総額3億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サインタイムは、電子契約サービス「サインタイム」を開発・提供しています。 一般的な電子署名…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ