注目のスタートアップ

フェムテック専門ECサイトの運営や法人へのフェムテック市場参入コンサルなどの「fermata」が2.1億円調達

company

2022年4月27日、fermata株式会社は、総額2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

fermataは、フェムテック専門ECサイト「fermata store」の運営、商品に直接触れて体験できる実店舗の運営、オンラインイベントの開催、法人へのフェムテック市場参入コンサルテーション、物流・薬事業務サポートなど、アジア・日本でのフェムテック市場創出に寄与するための多様な事業を展開しています。

また、フェムテック市場に関わるすべてのステークホルダーが一堂に会する場として「Femtech Fes!(フェムテック フェス)」を主催しています。2021年10月に六本木ヒルズで開催した同イベントでは、世界27カ国・157のプロダクト/サービスをキュレーションし、1,500人の来場者を迎えました。

ほかにも、フェムテック市場が成長し情報があふれている中、まだフェムテック製品・サービスにアクセスする物理的・心理的な障壁を感じている人も多く存在しており、fermataは、こういった人たちがフェムテック製品・サービスにアクセスできるようにするシステムを提供する予定です。

今回の資金は、多様な人びとにフェムテック製品・サービスにアクセスしてもらうためのキュレーション・レコメンデーション機能などのシステムの開発、採用強化に充当します。

フェムテックとは、Female(女性)とTechnology(技術)を合わせた造語であり、女性特有の課題を解決することを目指す分野です。

これまでビジネスの世界は男性主導の構造となっていたため、女性に寄り添ったプロダクトが生まれづらいという課題がありました。しかしジェンダー平等の意識や女性の社会進出が進み、これまで抑圧されてきた女性たちの声が市場にあらわれるようになってきました。

また、女性起業家が増えたことで女性視点によるプロダクトが多数誕生することになったことも、フェムテックが広がっている理由のひとつと考えられます。

フェムテックが有名となった印象的なできごとに、Thinxの吸水ショーツの広告がニューヨーク市交通局に問題視されたことが挙げられます。

Thinxは、2015年にアメリカ・ニューヨークで設立された吸水ショーツのパイオニアなのですが、吸水ショーツの広告で「period(生理)」という言葉を直接的に使ったことが問題視されて一気に話題となり、様々な議論を呼びました。

しかしどうして「生理」がタブー視されているのでしょうか? これには様々な理由があります。衛生的な理由から宗教的に禁忌とされた、男性社会が権力を持つために女性を排除する際の口実とした、などなど。それが現代まで残っているということになるのです。

ようやくこの環境が変わろうとしています。上記の理由から、フェムテックは女性のヘルスケア関連の課題の解決だけでなく、女性のエンパワーメントといった要素も背負っています。独立した産業として成長しようとするフェムテックにおいて、多様な事業を展開するfermataが、今後どのような道を歩んでいくのか注目が必要です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」には、女性起業家に特化した「創業手帳woman」もあります。女性起業家の方々のインタビューや、女性起業家だからこそ使える助成金など、役立つノウハウを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC Femtech Fes! fermata fermata store フェムテック フェムテック フェス 商品 株式会社 資金調達 運営
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

需要予測AI開発の「New Innovations」が7,000万円調達
2019年7月30日、株式会社New Innovationsは、総額7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、世界初となる需要予測AI搭載無人カフェ・ロボット「√C(ルートシー)」…
月々の生活費からCO2排出量を計算する「家計炭素簿_α版」 無料提供が開始
2022年5月12日、株式会社テックシンカーは、「家計炭素簿_α版」をリリースしたことを発表しました。 「家計炭素簿_α版」は、月々の生活費を入力することで、月間の支出額とCO2排出量、年間の支出額と…
ネットでサービスを売れるサイト運営の「MOSH」が3億円調達
2020年10月16日、MOSH株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人やスモールチーム向けに、ネットでサービスが売れるプラットフォーム「MOSH」を運営しています。 ホー…
産業用ロボットと自律移動ロボットのための技術を開発・提供する「アセントロボティクス」が10億円調達
2022年1月20日、アセントロボティクス株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 産業用ロボットと自律移動ロボットのためのインテリジェントソリューションを開発・提供しています…
乗り捨て料金が完全無料の片道専用レンタカーサービス「Simpway」が東京-大阪間でスタート
2022年3月22日、Pathfinder株式会社は、「Simpway(シンプウェイ)」を東京-大阪間で開始したことを発表しました。 「Simpway」は、乗り捨て料金が完全無料の片道専用レンタカーサ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ