注目のスタートアップ

クラウド製品マスター「Lazuli PDP」を提供する「Lazuli」が5億円調達

company

2022年4月21日、Lazuli株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Lazuliは、AI技術を活用したクラウド製品マスター「Lazuli PDP(Product Data Platform)」を開発・提供しています。

複数の外部データベースに散らばっている商品マスターデータをAIによって名寄せし、活用しやすい形に整理・拡張するプラットフォームです。

今回の資金は、「Lazuli PDP」の機能向上やAPIなどの新機能の開発を目的とした開発体制の強化に充当します。

商品マスターとは、商品の詳細なデータが集約されたデータベースのことです。用途によって様々な種類が存在しており、必要となる各企業・組織・部署で独自に整備されています。

商品マスターは商品の情報を一覧・参照できる便利なデータベースではあるのですが、横断的に活用できないため、各所で限定的にしか活用されていないことが大きな課題となっています。

もし商品マスターが業界・企業を超えて標準化されれば、以前とは考えられないほど情報の流れがスムーズになり、多くの企業の業務が効率化されることでしょう。

しかしもうすでに多くの企業ではシステムが構築され、さらに膠着化しているため、この状況を変えるのは難しいものがあります。そのため、公開されいてる商品マスターを集約・整理し、横断的な利活用ができる総合的なマスターデータのカタログのようなものを構築する事業者もあらわれています。

一方でLazuliは、こういったマスターデータを自分たちで集めてデータベースを構築するというアプローチではなく、AIによる自然言語処理などの技術を活用することで、外部のマスターデータを活用しやすい形に変換して整理・拡張するプラットフォーム「Lazuli PDP」を提供しています。

DXの実現のためにはデータを利活用するためのシステムを構築する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの構築について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI Lazuli Lazuli PDP クラウド データ データベース プラットフォーム マスタ マスター・データ 商品 整理 株式会社 製品マスター 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業の温室効果ガス・サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア開発・提供「オンド」が2,500万円調達
2021年4月27日、オンド株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業の温室効果ガス・サプライチェーン排出量自動算定ソフトウェア「ond accounting」や、分…
AIによる配達ルート最適化サービス提供の「オプティマインド」が10.13億円調達
2019年10月24日、株式会社オプティマインドは、総額約10億1,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIを活用し、ラスト・ワン・マイルの配送ルートを短時間で計算するクラウド・サービ…
地域の専門家プラットフォーム運営の「ミツモア」が5億円調達
2019年6月27日、株式会社ミツモアは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 地域の事業者と依頼者を結ぶオンライン・プラットフォーム「ミツモア」を運営しています。 カメラマン・士業・ク…
求職者と企業の動画マッチング・サービス展開の「ビデオマッチング」が資金調達
2020年7月2日、株式会社ビデオマッチングは、資金調達を実施したことを発表しました。 求職者と企業を動画でマッチングするサービス「ビデオマッチング」を運営しています。 動画により求職者も企業も相互に…
モビリティ事業・不動産事業の「アイビーアイ」が4億円調達
2019年9月18日、株式会社アイビーアイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 傘下のロイヤルリムジングループにおいて、配車アプリ「RoyalTaxi配車」の開発などのIT化推進や、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ