注目のスタートアップ

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」運営の「GINKAN」が資金調達

company

2022年4月14日、株式会社GINKANは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社ココナラの子会社の株式会社ココナラスキルパートナーズが運用するCSP1号投資事業有限責任組合です。

GINKANは、トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営しています。

基本的なグルメSNSとしての機能のほか、よく通う店や好きな店を投稿したり、趣味の合う他ユーザーをフォローすることでAIが趣味趣向を学習し、利用者に合った店をレコメンドする機能を搭載しています。

また、良質な投稿には暗号通貨ポイントが報酬として与えられるトークンエコノミー機能を大きな特徴としています。「シンクロライフ」加盟店での飲食にもポイントが還元されます。

飲食店向けには、デジタル会員カード、優待、全自動CRMなど顧客のロイヤル化育成が可能なサービスをワンストップで提供しています。月額・初期費用無料の完全成功報酬型モデルであるため、飲食店は先行投資リスクを背負わずに取り組むことができます。

グルメサイトがリリースされてしばらくは、本当のグルメ好きばかりが集まるコミュニティとなり、そのレビューや評価などは信頼できるものでした。しかし、グルメサイトが広く知られ、ユーザー数が多くなるにつれ不正が横行するようになってしまい、正しいレビューと不正なレビューの区別がつかなくなり、全体的に信頼性が低下しています。

また、グルメサイトでは収益を上げるため、飲食店に手数料をとり、上位に掲載するようになりました。これにより本当に美味しい飲食店を見つけることが難しくなっています。また、このような状況ではユーザーが口コミ・レビューを投稿するインセンティブがないという問題が生じています。

GINKANはこのグルメサイトの課題を解決するため「シンクロライフ」を運営しています。AIによるレコメンドにより、グルメ好きがさらに好みの飲食店を見つけられるようにしています。また、レビューに対するインセンティブとしてトークンによる報酬を分配することで良質なレビューが持続的に投稿されるような仕組みを構築しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食開業に特化した別冊「飲食開業手帳」では、Webを活用した集客方法や、経営に役立つシステムの導入方法などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI GINKAN SNS グルメ ココナラ シンクロライフ トークン・エコノミー トークンエコノミー 飲食 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ロボアドバイザー提供の「お金のデザイン」が59億円調達へ
平成30年6月27日、株式会社お金のデザインは、総額59億円の資金調達を実施することを発表しました。 今回の資金調達で、創業からの累計資金調達額は104.8億円となります。 お金のデザインは、AIを活…
AIによるコールセンターの問い合わせ分析ソリューション提供「レトリバ」が7.5億円調達
2019年7月10日、株式会社レトリバは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理・機械学習・深層学習をコア・テクノロジーとして、コール・センターの問い合わせ分析・…
「TechMagic」が1杯30秒で冷えたドリンクを作る飲食店向けロボットを開発中
2021年5月10日、TechMagic株式会社は、飲食店向けにアルコール・ドリンクを自動で提供するロボットの原理検証 (PoC)が完了し、実証実験に向けて調整を進めていることを発表しました。 ロボッ…
脳波系開発・脳波解析の「PGV」が1.5億円調達
2021年12月22日、PGV株式会社は、約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、塩野義製薬株式会社です。 PGVは、パッチ式脳波計の開発・提供や、パッチ式脳波計を用い…
イメージ認識型高速セルソーティング技術を用いた治療・診断プラットフォームを開発する「シンクサイト」が28.5億円調達
2021年5月19日、シンクサイト株式会社は、総額28億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIが駆動するイメージ認識型高速セルソーティング技術を用いた治療・診断プラットフォームの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ