注目のスタートアップ

CO2排出量可視化・削減クラウドサービス「アスゼロ」提供の「アスエネ」が18億円調達

company

2022年4月13日、アスエネ株式会社は、総額18億円の資金調達を実施したことを発表しました。

アスエネは、温室効果ガス排出量管理クラウドサービス「アスゼロ」、再エネ100%&地産地消クリーン電力サービス「アスエネ」を開発・提供しています。

「アスゼロ」は、企業のCO2を代表とするGHG(温室効果ガス)排出量を算出し、国際基準のGHGプロトコルにおけるScope1-3のサプライチェーン排出量を可視化・削減するクラウドサービスです。

請求書データなどをアップロードするとシステムが自動でCO2排出量算出を行うため、煩わしい業務をせずにカーボンニュートラルに取り組むことができます。

GHGの可視化・SXコンサル支援だけでなく、TCFD、CDP、SBTiなどイニシアチブ支援の追加サービス、CO2クレジットによるオフセットなど、脱炭素ソリューションをワンストップで提供していることを特徴としています。

今回の資金は、人材採用の強化、「アスゼロ」のシステム機能の拡充、グローバル展開に向けたシステム仕様の強化、マーケティングに充当されます。

SDGs(持続可能な開発目標)のひとつである気候変動への対策のため、世界的にGHG(温室効果ガス)の削減に向けた取り組みが加速しています。

近年企業活動においては、事業者自らのGHGの排出だけでなく、サプライチェーン全体のGHG排出を削減していくことが求められています。

また、サプライチェーン全体を把握することは、企業活動全体を把握・管理することにもつながります。

一方でサプライチェーン排出量を算定するには、複雑なサプライチェーン全体を把握しなければならないため、業務に大きな負荷がかかります。このことから、サプライチェーン排出量の算定を効率化するシステムが求められているのです。

また、サプライチェーン排出量を算定したあとは、サプライチェーンのなかでも無駄が多く、最適化できていない部分のGHG排出量を削減することも必要となります。

アスエネの提供する「アスゼロ」は、請求書などのアップロードなどによりGHG排出量を自動で算定し、クレジットや非化石証書を最適な形で購入するクラウドサービスです。GHG排出削減の多くの部分を自動化するため、企業のESGの取り組みが増加するにつれ、簡単にGHG排出削減に取り組みたい企業のニーズがさらに高まっていくと考えられます。

アスエネ株式会社のコメント

このニュースを受けまして、アスエネ株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

CO2排出量見える化・削減クラウドサービス「アスゼロ」の開発・営業・カスタマーサクセス(CS)の優秀人材の採用強化、システム機能拡充や利便化のための開発、将来のグローバル展開に向けたシステム仕様の強化が主な目的です。

・今後の展望を教えてください。

企業や自治体のCO2排出量の見える化・削減、日本のCO2削減データの拡充、サステナビリティ・アカウンティング/ファイナンス領域にてシステム連携や追加サービスなどを推進するための提携を強化します。
そして、5年後までにアスゼロの導入社数10,000社を目指しています。
また、海外展開も視野に入れています。

・読者へのメッセージをお願いします。

当社は、CO2排出量見える化・削減クラウドサービス「アスゼロ」を通じて、脱炭素社会への変革を牽引し、世界にチャレンジするクライメートテック企業として成長と採用を加速させていきます。
「次世代によりよい世界を」のミッションを実現するため、ESG・クライメートテック企業として世界にチャレンジし、21世紀に新たな価値を創出してまいります。

環境、社会、ガバナンスに配慮する企業に積極的に投資するESG投資が世界的に盛んとなってきています。サプライチェーン排出量を把握・管理することは投資家に対するアピールにもなります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CO2排出量 GHG アスエネ アスゼロ カーボン・オフセット カーボンニュートラル クラウドサービス サプライチェーン 二酸化炭素 可視化 排出量 株式会社 温室効果ガス 環境 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンライン・キャリア・トレーニング・サービス「POSIWILL CAREER」運営の「ポジウィル」が1.5億円調達
2020年10月5日、ポジウィル株式会社は、約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、独立系ベンチャーキャピタルのSTRIVEです。 ポジウィルは、オンライン・キャリア・…
アパレル事業者向け業務クラウド「PORTUS CLOUD」運営の「park&port」が8,000万円調達
2022年3月17日、park&port株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 park&portは、アパレル事業者向け業務クラウド「PORTUS CLOUD(ポルタス…
「AliveCast」が完全無料の電子メニュー作成サービス「ExMenu」をリリース
2020年7月15日、株式会社AliveCastは、「ExMenu(エクスメニュー)」を7月15日に公開したことを発表しました。 「ExMenu」は、完全無料の電子メニュー作成サービスです。 飲食店は…
電気自動車を活用した電力需給調整システム開発の「REXEV」が7.4億円調達
2020年12月21日、株式会社REXEVは、約7億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気自動車(EV)を活用した電力需給調整システムの開発や、EV特化型カーシェアリング「eem…
エンジニアの採用育成支援サービス「TechTrain」提供の「TechBowl」が1.3億円調達
2022年1月27日、株式会社TechBowlは、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニアの採用育成支援サービス「TechTrain」を提供しています。 50社100…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ