注目のスタートアップ

SaaS型のGoogleビジネスプロフィール運用サービス「Location Connect」など提供の「エフェクチュアル」が2億円調達

company

2022年3月31日、株式会社エフェクチュアルは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

エフェクチュアルは、SaaS型のGoogleビジネスプロフィール運用サービス「Location Connect」や、Googleビジネスプロフィール一元管理ツール「インテグ」、MEO順位チェックツール「On map eye」などを展開しています。

「Location Connect」は、Googleマップに表示される店舗情報・マップ情報である、Googleビジネスプロフィールの運用を最適化するSaaSです。基本設定の最適化、有益なコンテンツの投稿、写真・動画のアップロード、データ分析、(ネガティブな)口コミ対応へのアドバイスなどを提供しています。

今回の資金は、クラウドサービスの拡充・開発、組織体制の強化に充当されます。

Googleビジネスプロフィール(旧称:Googleマイビジネス)は、Google検索・GoogleマップなどGoogleが運営するサービスにビジネスプロフィールを載せることができるサービスです。

これに登録しておくことで、たとえばラーメン屋などと検索された場合、検索したユーザーのいる地点から近い場所にあるラーメン屋が検索結果に地図と共に表示されます。事前に店舗の情報を登録しておけば、営業時間・写真・店からのお知らせを表示させることが可能であるため、集客に役立つツールとして注目されています。

しかしながら、Googleビジネスプロフィールの登録には注意しなくてはならない点があります。ガイドラインを違反してしまうとGoogleからペナルティを受け、検索順位の低下や、プロフィールの停止などの制限を受けてしまいます。意図せずにガイドラインを違反してしまうという例も多いため、登録・運用には注意を払う必要があります。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により、営業時間や営業日が不安定になることも多くなっています。SNSやHPなどで営業時間の変更などを告知していたとしても、Googleビジネスプロフィールには反映されないため、こちらの更新を怠ってしまうと、顧客に信頼できる情報ではないと判断されてしまうことになります。

Googleビジネスプロフィールの登録・運用は集客に大きくつながる施策ですが、思った以上の業務負担がかかります。そのため、「Location Connect」のような運用支援ツールのニーズが高まっているのです。

現代においてインターネットを活用したPRは必須ともいえます。しかし創業期はコストや知識の面から満足できるPRを行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネット初心者のためのネットPR方法など、ネットPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Googleビジネスプロフィール Googleマイビジネス Googleマップ Location Connect MEO MEO対策 エフェクチュアル マーケティング 一元管理 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

個人向けサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム運営の「Sonoligo」が7,000万円調達
2021年8月26日、株式会社Sonoligoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人向けサブスクリプション型イベント予約プラットフォーム「Sonoligo(ソノリゴ)」…
「HiLung」がヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた「呼吸器感染モデル(薬効評価)試験受託サービス」を開始
2022年2月24日、HiLung株式会社は、ヒトiPS細胞由来の肺細胞を用いた感染症モデル(含 新型コロナウイルス感染モデル)による試験受託を開始したことを発表しました。 ヒトiPS細胞分化・加工技…
空間デジタル演出の「プリズム」と空間づくりの「丹青社」が業務提携
2020年10月5日、株式会社プリズムは、株式会社丹青社と、業務提携に関する協定書を取り交わしたことを発表しました。 プリズムは、イベント・コンサート・舞台などにおいて、映像やデジタル技術を駆使した空…
「サステナ」が社会課題に取り組む団体を支援する「未来基金」を創設
2020年12月15日、サステナ株式会社は、寄付制度「サステナ未来基金」を創設したことを発表しました。 「サステナ未来基金」は、社会課題に取り組む団体を継続的に支援する寄附制度です。 サステナはほかに…
宿泊施設の業務効率化システム提供の「TradFit」とホテル向けサービスロボット販売の「エイム・テクノロジーズ」が提携
2022年2月15日、TradFit株式会社と、エイム・テクノロジーズ株式会社は、両者の保有する技術の相互活用において提携したことを発表しました。 TradFitは、スマートスピーカーとチャットボット…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ