注目のスタートアップ

島根大学発の細胞医薬ベンチャー「PuREC」が7億円調達

company

2022年3月29日、PuREC株式会社は、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

PuRECは、独自に開発した手法により得られた高純度間葉系幹細胞REC(Rapidly Expanding Cells)の臨床応用を進めています。

間葉系幹細胞が持つ細胞機能を利用して、安全かつ効果的な幹細胞治療を実現することを目指しています。2022年3月現在、研究機関・民間企業と連携し、低ホスファターゼ症、関節疾患、脊椎関連疾患など様々な疾患を対象とした細胞医薬品開発を進めています。

今回の資金は、製品開発のさらなる加速に充当されます。

身体には様々な種類の細胞に分化する能力が高い幹細胞が存在することが研究によって判明しています。その中でも、増殖する能力が高く、神経・筋肉・脂肪・骨など様々な系統の細胞に分化する間葉系幹細胞は骨髄や脂肪組織から発見されています。

この間葉系幹細胞は様々な細胞に分化できるため、研究が進めば再生医療に大きく役立つことになるだろうと考えられています。

再生医療と細胞といえば、iPS細胞やES細胞が有名です。iPS細胞・ES細胞・間葉系幹細胞はそれぞれ別の細胞で、それぞれメリット・デメリットを持っています。

iPS細胞とES細胞は1つの細胞からすべての組織・臓器を作ることができます。一方で、間葉系幹細胞はそれほど強い増殖能力や分化能力はありません。しかし間葉系幹細胞を研究する意味がないのかと言えばそうではありません。

ES細胞は初期の受精卵の一部からしか得ることができず、倫理的な課題を背負っています。iPS細胞は体細胞から直接作るため倫理的な問題はありませんが、移植後に腫瘍を形成してしまうというリスクがあることが課題となっています。

間葉系幹細胞は骨髄や脂肪から採取できるため倫理的な課題はなく、ES細胞やiPS細胞などの人工的に作られた細胞ではなく、生物がもともと持つ細胞のため腫瘍ができてしまうリスクもありません。このような理由から間葉系幹細胞は研究・臨床応用が進んでいるのです。

間葉系幹細胞は再生医療において万能というわけではありませんが、PuRECによると、「骨・軟骨・脂肪の再生(骨軟骨形成不全・乳房再建など」、「免疫調節(GVHD・クローン病・多発性硬化症など)」、「傷を治す(脳卒中・心筋梗塞・肝硬変など)」において有効な治療となることが期待されています。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PuREC 幹細胞 幹細胞治療 株式会社 細胞 細胞医薬品 資金調達 間葉系幹細胞
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コーチングサービス提供の「mento」(旧:ウゴク)が3.3億円調達
2022年4月6日、株式会社mentoは、3億3000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルWiL, LLCが運営するベンチャー投資…
従業員のための協業促進プラットフォーム開発の「BeaTrust」が3億円調達
2020年8月11日、BeaTrust株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 従業員同士での協業を促すプラットフォーム「BeaTrust(ビートラスト)」を開発しています。 …
特定技能人材のマッチングプラットフォーム「tokuty」運営の「トクティー」が3,000万円調達
2022年1月18日、トクティー株式会社は、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、マネックスベンチャーズ株式会社です。 特定技能人材のマッチングプラットフォーム「tokut…
スマートスピーカーを活用した宿泊施設の業務効率化システム提供の「TradFit」が資金調達
2021年11月18日、TradFit株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 スマートスピーカーとチャットボットを活用した宿泊施設の業務効率化システム「TradFit」を提供しています。 …
会計ソフト群「弥生会計」などと「Sansan」が提供する請求書一元管理「Bill One」が連携
2020年12月14日、弥生株式会社は、提供する「弥生会計」などとSansan株式会社が提供する「Bill One」が連携することを発表しました。 弥生は、クラウド会計ソフト「弥生会計」や、「やよいの…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ