ギフトECサイト「TANP」運営の「Gracia」が11億円調達

2020年7月29日、株式会社Graciaは、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

贈りたいものがみつかるギフトEC「TANP」を運営しています。

商品の仕入れから、受注、ラッピング、発送までのロジスティクス機能を自社内に持つことで、最短翌日発送に対応しています。

また、名入れや、ブーケ、バルーンの同梱、オリジナルのボックス・ラッピングなど、ギフトのための豊富なオプションの選択ができます。

今回の資金は、基幹業務システムの強化などに充当されます。

2018年の国内ギフト市場規模は小売金額ベースで、前年比101.6%の10兆5,752億円、2019年は同101.5%の10兆7,302億円を見込んでおり、順調な成長をみせています。

要因としては、高齢化によるシニア層の増加で「母の日」や、「父の日」、「敬老の日」などでのギフト需要が増加していることが挙げられます。

また、形式や作法のあるフォーマル・ギフトではなく、身近な人とのコミュニケーション方法としてカジュアル・ギフトが増加していることも要因のひとつとしてみられています。

その他、法人ギフト需要も、セールス・プロモーションや、企業の周年記念品、インセンティブなどの社内向け需要を中心に増加傾向にあります。

企業としてもギフトはコミュニケーション手段として有効です。特にノベルティは顧客と従業員のロイヤリティを高めるために有効と考えられています。「総務手帳」では、ノベルティの作り方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC Gracia TANP ギフト ロジスティクス 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ