注目のスタートアップ

スタートアップ向けにオールインワンのクラウド型バックオフィスサービスを提供する「WORK HERO」が1.4億円調達

company

2022年3月24日、WORK HERO株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オールインワンのクラウドバックオフィスサービス「WORK HERO」を開発・提供しています。

コーポレート専任担当を置けないシード・アーリーフェーズのスタートアップを対象に、バックオフィス業務をオールインワンで引き受け効率的に運用するサービスです。

事業内容とバックオフィス状況を確認した上で、最適な業務フローを設計し運用を代行します。SaaSの設定やメンテナンスもすべて代行するため、バックオフィスに関する一切の業務を任すことができます。

今回の資金は、人材採用や、サービスの開発・広報に充当されます。

バックオフィス業務は会社を運営していくにあたって必要不可欠な業務です。しかし創業期はリソースが足りず、起業家本人がバックオフィス業務も担うことになります。バックオフィス業務に時間が割かれてしまうことで、本来集中すべきコア業務がおろそかになってしまい、成長が遅くなってしまったり、機会が失われるといった問題が発生します。

また、バックオフィス業務の専任担当を雇用することはコスト面から難しく、またバックオフィス体制を構築する必要も出てくるため、創業期から取り組むことが難しく後回しになっているケースも多々あります。しかし成長段階になってもバックオフィス体制が構築できていない場合、請求・契約・人事労務の手続きなど、様々な段階でトラブルが発生してしまい、大きな困難にぶつかってしまいます。

WORK HEROは、スタートアップのバックオフィス業務に関する課題を解決するため、バックオフィス業務を一手に担うサービス「WORK HERO」を提供しています。

WORK HERO株式会社のコメント

このニュースを受けまして、WORK HERO株式会社 CEO 大坪誠氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回の資金調達は、事業の更なる成長を牽引するリソースの確保を目的としております。
調達した資金は、人材採用およびプロダクト開発・広報に投資し、サービスのさらなる成長を目指してまいります。

・今後の展望を教えてください。

「WORK HERO」をより多くの国内企業にご利用いただくことを通じて、日本全体の労働生産性の向上、ひいては「すべての人・企業がユニークな価値の創造に熱中できる社会」の実現を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業された企業の起業家やコアメンバーの皆様が、得意なこと・やりたいことに注力できるように設計されたオールインワンのクラウドバックオフィスです。こちらよりぜひお問い合わせください。

創業期は様々なリソースが足りていないため、バックオフィス業務などはアウトソーシングすることも選択肢のひとつです。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アウトソーシング オールインワン スタートアップ バックオフィス 代行 効率化 株式会社 省人化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ブロックチェーン活用スニーカー取引きコミュニティ「KCKC」β版がリリース
株式会社シティーデジタルは、「KCKC(キクシー)」のβ版アプリケーションをiOSにおいてリリースしたことを発表しました。 「KCKC」は、ブロックチェーンを活用したスニーカー取引きコミュニティです。…
業務管理プラットフォーム提供の「チームスピリット」がマザーズ上場へ
平成30年7月19日、株式会社チームスピリットは、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認されたことを発表しました。 勤怠管理や、経費精算、カレンダーなどの機能を一箇所に集約した業務管理プラッ…
新型コロナウイルス対策として遠隔会議の音声翻訳ツール「オンヤク」リリースへ
2020年2月27日、株式会社ロゼッタは、「オンヤク」のサービス提供を2020年3月から開始することを発表しました。 「オンヤク」は、Web上の遠隔会議中において、異なる言語間の会話音声を認識し、発話…
飲食店の余った料理とユーザーをつなぐ「TABETE」の運営元が資金調達
株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、伊藤忠食品株式会社などです。 飲食店や販売店にてフードロスとなる恐れのある食事を、アプリで出品・購入できるフード・…
AIによるコールセンターの問い合わせ分析ソリューション提供「レトリバ」が7.5億円調達
2019年7月10日、株式会社レトリバは、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語処理・機械学習・深層学習をコア・テクノロジーとして、コール・センターの問い合わせ分析・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ