注目のスタートアップ

AIにより運送会社の配車管理・配送計画を自動化する「AI自動配車アシスタント LOG」提供の「Logpose Technologies」が4,000万円調達

company

2022年3月1日、株式会社Logpose Technologiesは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

“世界中の荷物情報を整理し、流通を最適化する。”をミッションに、物流業界のDXに取り組んでいます。

第1弾として、AIを活用した最適化アルゴリズムである「LOG Algorithm」を開発し、これを活用した運送会社向けSaaS「AI自動配車アシスタント LOG」を提供しています。

「AI自動配車アシスタント LOG」は、AIによって運送会社の配車管理・配送計画を自動化するSaaSです。

ドライバーの勤怠、配送時間指定、車格指定などの複雑な条件を考慮した配車組みを、数十秒から数分程度で最適に出力します。

また、近くの車両・配送先をマッチングさせるアルゴリズムを搭載しているため、複数拠点にまたがった複雑な配車計画も作成可能です。

今回の資金は、エンジニア人材を中心とした人材採用の強化などに充当されます。

運送会社のうち約8割がトラック運送事業者となっています。

また、トラック運送事業者では99.9%が中小企業と、ほぼすべてが中小企業となっています。

そのトラック運送業界では、多重下請け構造とアナログな業務が大きな課題となっています。

他にも、新型コロナウイルス感染症の流行によってEC需要が増え小口配送が多くなりドライバーの負担が増えたこと、再配達が増加したことなどの課題が生じています。

一方で人手不足は改善されていないため、デジタル化・DXの推進の重要性がより一層高まっているのです。

Logpose Technologiesは、こういった物流業界の課題を解決するため、AIによって運送会社の配車管理・配送計画を自動化するSaaS「AI自動配車アシスタント LOG」を提供しています。

小口配送が増加すると配車や配送ルートの計画が非常に複雑になっていきます。

もし非効率的な配送ルートで業務を行っていると、燃料代が余計にかかってしまいますし、配送に時間がかかることで人件費も膨らんでしまいます。

配車・配送ルートを最適化することは大きな改善になるため、今後物流業界ではAIを活用した配車管理・配送計画の自動化・最適化の取り組みが進んでいくと考えられます。

業務効率化はすべての領域において重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI自動配車アシスタント LOG LOG Algorithm Logpose Technologies ロジスティクス 最適化 株式会社 物流 管理 自動化 資金調達 運送 配車 配送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
「キッチハイク」による地域社会と子育て家族をつなぐワーケーションプログラム「保育園留学」が北海道厚沢別町でスタート
2021年11月29日、株式会社キッチハイクは、「保育園留学」の連携自治体・保育園の募集を開始したことを発表しました。 「保育園留学」は、地域社会と子育て家族をつなぐワーケーションプログラムです。 子…
子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が資金調達
2021年3月3日、ワンダーラボ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年7月の資金調達と合わせて、総額3.1億円の調達となります。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思…
「matsuri technologies」が「一時帰国.com」において「2週間自主待機+長期滞在セットプラン」を開始
2020年12月17日、matsuri technologies株式会社は、「一時帰国.com」において「2週間自主待機+長期滞在セットプラン」を開始したことを発表しました。 「一時帰国.com」は、…
プラスチック代替の新素材「LIMEX」開発・製造・販売の「TBM」が20.6億円調達
2020年11月24日、株式会社TBMは、総額約20億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プラスチックの代替となる、石灰石などの無機物を主原料とした新素材「LIMEX」を開発・製造…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ